- 共同体社会と人類婚姻史 - http://bbs.jinruisi.net/blog -

インダス文明の先住人ムンダ人やドラヴィダ人は母系集団?

Posted By minene71 On 2006年11月3日 @ 1:15 AM In E 6 南アジア | 4 Comments

インダス文明の都市国家ってこんな感じ↓
2_1_01_01.gif
モヘンジョ・ダロの復元図
都市の概要は、
レンガで築かれた全長200メートルの波止場が築かれている
約4.8キロメートルの矩形をしていて、5階建てのビルに匹敵する高さの城塞があっ
  た
城寒のなかには大きな穀物倉庫、儀式用の大広間、宗教儀式に関係していたと考
  えられる大浴場があった
市街地が碁盤の目のように走り、大小の道路が東西南北に走っていた
道路の両側にはレンガ造りの住宅や商店が並んでいた
通りに面する側の壁には窓がなく、後ろの路地から出入りするようになっていた
その後、(モヘンジョダロに残る大洪水のあとから・・・)何回もの洪水によって、どこかの土地に移住した???
この時代にして、すごい技術だ!と思った人↓↓


しかし、この文明の先住人は母系制集団であった事に、ますます謎が深まります。
>(中略)文字があったし(まだすべてが解読されていない)、十進法と六十進法を併用した計算処理もこなしている。けれども帝王崇拝の痕跡はない。そのかわりいくつかの進化した信仰が重なるように発展していた。
 そうした信仰をかたちづくっていた原住民はムンダ人やドラヴィダ人である。母系制の社会だった。父よりも母を重んじた。古代プーナの陶工たちのあいだでは最も大きな水瓶は女が作ったことがわかっている。このことは古代インド史を見るにあたって重要な視点を提供するもので、のちの古ウパニシャッドやジャイナ教や『マヌの法典』にも、この母系制が残響した。
中村元『インド古代史 [1]』1963 春秋社
しかし、ここまでの都市国家を機能させる為には、統合者(支配者)が必要なことは必然です。
『インド古代史』にあるように「ドラヴィダ人が母系制の集団」とされているまではその通りとしても、都市の形成過程でその母系制は無くなったと考えるのが普通だと思います。
ドラヴィダ人の母系制は、都市の肥大と共に変化したがどの様に変化したのか?
ますます謎が深まります。
(ミネ)


Article printed from 共同体社会と人類婚姻史: http://bbs.jinruisi.net/blog

URL to article: http://bbs.jinruisi.net/blog/2006/11/45.html

URLs in this post:

[1] インド古代史: http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1021.html

Copyright © 2013 共同体社会と人類婚姻史. All rights reserved.