- 共同体社会と人類婚姻史 - http://bbs.jinruisi.net/blog -

ベトナムの少数民族・・・コホル族とマー族

Posted By taiyaki On 2006年12月26日 @ 11:14 PM In 未分類 | 2 Comments

「世界民族博覧会」http://wee.kir.jp/index.html [1]
このホームページには、世界各国の少数民族が紹介されています。(良くこれだけ集めた
で、見ていて感じた事は、東南アジアに偏って少数部族が多い事です。
何故なんでしょうか?


東南アジア一帯が稲作を中心とした生産様式であることから、そこに因果関係が有りそうですが、これらの部族には未だに現代社会と違った母系制社会を営んでいる事に気付きます。
中には、農業生産を主たる生産様式とし、隣接した地域に住んで交流も持ちながら、母系制の婚姻様式を営む部族がある一方で父系制を採用している事例が見れます。ベトナム南部の奥地に住むコホル族とマー族がそれに当たります。
これらの部族は、紀元前後からこの地域で現在と同様の生活をしてきている事から考え、農業生産と母系制は小集団社会を維持して行くのに大きな因果関係があるようにみれます。
様々な婚姻様式が混在しているこの地域を題材に、今後とも引き続いて集団の成り立ちと婚姻様式の関係を調べてみたいと思います。
【コホル族の女性】
coho7mini.jpg
【コホル族の語り手の系譜】
Chirong.jpg [2]


Article printed from 共同体社会と人類婚姻史: http://bbs.jinruisi.net/blog

URL to article: http://bbs.jinruisi.net/blog/2006/12/80.html

URLs in this post:

[1] http://wee.kir.jp/index.html: http://wee.kir.jp/index.html

[2] Image: http://www.jinruisi.net/blog/Chirong.jpg

Copyright © 2013 共同体社会と人類婚姻史. All rights reserved.