- 共同体社会と人類婚姻史 - http://bbs.jinruisi.net/blog -

「父系か?母系か?」国際結婚~子供の国籍から

Posted By nandeyanen On 2007年1月10日 @ 8:34 PM In 未分類 | 2 Comments

るいネットに『東洋のほうが父系観念が強い』という投稿がありましたが、東洋諸国の相続習慣や姓/氏継承などの実態は、あながち父系一色というわけでもなく、父母両系が多いようです。『東洋の父系観念』 [1]参照


父系>母系の分かれ目は、 “儒教(観念)教育”が強化されたか否か?
以下、国際結婚協会のHP [2]からの抜粋です。(赤字は東洋;引用者が着色)

■子供の国籍について
●世界の国籍法の概要
世界には大きく分けて、血統主義国籍法と生地主義国籍法の二つがあります。
A.血統主義国籍法
日本では、生まれたとき両親のどちらかが日本人であればその子は日本人と言う事が、国籍法で決められています。これを血統主義の国籍法と呼びます。
血統主義を取る国には、父母両系主義を採用する国と父系優先血統主義を採用する国とがあります。
また、国によっては複数のシステムを採用している場合があります。
-① 父母両系血統主義の国
日本、アイスランド、イスラエル、イタリア、エチオピア、オーストリア、オランダ、ガーナ、スロバキア、朝鮮民主主義人民共和国、デンマーク、ドイツ、トルコ、ナイジェリア、ノルウェー、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、中華人民共和国、モンゴル、ミャンマー、パプワニューギニア、ブルガリア、ユーゴスラビア連邦共和国、アルベニア、リビア、コンゴ民主共和国、ヨルダン、コートジボワール、トーゴ、マラウィ、ソロモン、コモロ、ジプチ、コスタリカ、エルサルバドル、インド、ルクセンブルグ、大韓民国、タイ・・・・
-②父系優先血統主義の国
アラブ首長国連邦、アルジェリア、イラク、イラン、インドネシア、エジプト、オマーン、クウェート、サウジアラビア、シリア、スーダン、スリランカ、セネガル、トンガ、ネパール、ブルネイ、マダガスカル、モロッコ、レバノン、中華民国(台湾)、サンマリノ、イエメン、カタール、ソマリア、チャド、マリ、ルワンダ、スリナム、ハイチ、モルディブ・・・・
B.生地主義国籍法
生地主義の国籍の考え方は、両親の国籍とは関係なく、生まれた国の国籍を取得するものです。
○生地主義が原則の国
アメリカ、カナダ、アイルランド、イギリス、ニュージーランド、メキシコ、フランス、アルゼンチンベネズエラ、ウルグアイ、エクアドル、グレナダ、ザンビア、タンザニア、パキスタン、パラグアイブラジル、ペルー


Article printed from 共同体社会と人類婚姻史: http://bbs.jinruisi.net/blog

URL to article: http://bbs.jinruisi.net/blog/2007/01/93.html

URLs in this post:

[1] 『東洋の父系観念』: http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=141898

[2] 国際結婚協会のHP: http://www.itn-wedding.com/data/child.html

Copyright © 2013 共同体社会と人類婚姻史. All rights reserved.