- 共同体社会と人類婚姻史 - http://bbs.jinruisi.net/blog -

日本人の「裸体と性」、江戸時代から幕末の西洋人の目にはどう映ったか?

Posted By saah On 2007年8月6日 @ 9:45 PM In E 8 日本 | 5 Comments

こんにちは。
koukeiさんが投稿されていた渡辺京二さんの『逝きし夜の面影』より、今日は江戸~幕末時代の庶民には当たり前だった【混浴】をもとに、西洋人の目にそこで見た光景がどのように映ったかを紹介してみたいと思います。
私自身もビックリ
なかなか現代の日本においても見られなくなった光景がそこにはあったようです。
少しタイムスリップしながら、当時の庶民になりきってご覧になってください。
いつものように応援の方もよろしくお願いします。

幕末来日した西洋人を仰天させ、ひいては日本人の道徳的資質さえ疑わせるにいたった習俗に、公然たる裸体と混浴習慣があったことはひろく知られている。西洋では特殊な場所でしか見られない女の裸が、街頭で日常的に目にしうるという意味でも「楽園」だったのである。

~『逝きし夜の面影』より
当時の西洋では、女の裸は”特殊な場所”でしか見られない・・・・、というか、今でもそのような考え方が当たり前に思われていますが、当時の日本は全然違っていたようですね。
特に【混浴】という風習は、老いも若きも、男も女も、誰かれなく人目をはばからず裸体を晒していることに、西洋人の目には日本人とはなんと淫らな、と映ったようです。
%E6%B7%B7%E6%B5%B4.bmp [1]
写真は<田舎三昧の生活と意見>さんのHPよりお借りしました

老いも若きも男も女も、慎みとか、道徳にも許されぬことだというはっきりした分別をそなえている様子をまるで示さず、恥もなくいっしょに混じりあって入浴している。・・・・・・・日本人は世界で最もみだらな人種のひとつだということだ

これは幕末のころ来日した西洋人の一人、スミス主教の言葉だそうです。
さらには、艦隊の将校だったトロンソンが言うように、

人為的な習慣をもつわれわれは日本人の原始的な素朴さに仰天し、こんなにからだをさらけ出して、若い男女に道徳上の悪い影響がないのかと思ってしまうようだった。

というのが、西洋人の価値観から見た、日本人の【混浴】に対する見方だったのでしょう。
しかし、当時の日本人にしてみれば『道徳上の悪い影響』等と考えてもおらず、人前で裸になって一緒に入浴することが何故悪いの?自分の目の前で女の人が裸になっているが、それがどうかしたの?
主婦だって前も隠さず自分の体を三助に洗ってもらうことに、なんのわだかまりももっていません。
そんな彼らにショックを受けた西洋人は、その一方では日本人に対する先入観として、
「精神と肉体の両面でわれわれに近く」「交際する形式からしてもいかにもヨーロッパ風であり、一般に洗練され、折り目正しい態度」をとる、と考えられていたことも原因の一つでしょう。
■裸体って下品?折り目正しい態度って何?
性に対しても、したがって裸体に対しても実におおらかな当時の日本人にしてみれば、お互いの裸体を見て道徳的に悪い影響が出るなどと考える方がよほど不自然だったのですね。
現代でも人前で赤ちゃんにおっぱいをあげている女性を時々は見かけますが、全然下品には見えませんよね。むしろ実に自然な振る舞いに見えます。
むしろ好奇心から、それら裸体の光景を避けるかわりにしげしげと見に通って行き、野蛮な視線で眺めては、これは淫らだ、と非難していた当時の西洋人の価値観の押し付けが、その後の日本に浸透し、巡査が裸の人力車夫を追い掛け回すようになったのだと思います。
今の性に対する価値観って、本当に日本人固有のものではなく、後から西洋の価値観に染まったものなんですね。


Article printed from 共同体社会と人類婚姻史: http://bbs.jinruisi.net/blog

URL to article: http://bbs.jinruisi.net/blog/2007/08/227.html

URLs in this post:

[1] Image: http://www.jinruisi.net/blog/%E6%B7%B7%E6%B5%B4.bmp

Copyright © 2013 共同体社会と人類婚姻史. All rights reserved.