- 共同体社会と人類婚姻史 - http://bbs.jinruisi.net/blog -

「人類の起源」番外編;サル時代の婚姻様式は?

Posted By nandeyanen On 2007年8月15日 @ 10:35 PM In A 人類の起源を探る | 5 Comments

『人類がチンパンジーと同じ祖先(真猿類)から進化してきた』ということについては、色んな学会でもほぼ‘定説’になりつつあるということで、あまり問題は残っていないと思います。
しかし、サル→人類に進化当時の婚姻様式については、どうもはっきりしないようです。
%E9%80%B2%E5%8C%96%E7%B3%BB%E7%B5%B1%E3%82%B5%E3%83%AB.bmp
↑真猿の進化系統樹(別冊日経サイエンス151「人間性の進化」より)
続きを読む前にクリック  お願いします


現在のチンパンジーは“複雄複雌の父系?集団”を形成しているのですが、
それ以前の猿類では“単雄複雌(ボス集中婚)の母系集団”を形成しているものが多いのです。
このことから考えて、ヒトとチンパンジーの共通の祖先たるサルも、
『単雄複雌の母系集団』を形成していた可能性が高いと思うのですがどうでしょう??
(以下参照)
『Biological Journal~霊長類の社会構造』 [1]
『同~真猿の集団形態ってどうなってるの?』 [2]


Article printed from 共同体社会と人類婚姻史: http://bbs.jinruisi.net/blog

URL to article: http://bbs.jinruisi.net/blog/2007/08/238.html

URLs in this post:

[1] 『Biological Journal~霊長類の社会構造』: http://www.biological-journal.net/blog/2007/05/000212.html#more

[2] 『同~真猿の集団形態ってどうなってるの?』: http://www.biological-journal.net/blog/2007/01/000131.html#more

Copyright © 2013 共同体社会と人類婚姻史. All rights reserved.