- 共同体社会と人類婚姻史 - http://bbs.jinruisi.net/blog -

「事実婚」って何だろう?-2

Posted By minene71 On 2007年11月16日 @ 12:15 AM In G その他 | 5 Comments

前回に引き続き、「事実婚って何?」をもう少し調べてみました。
つい最近、人気フリーペーパー「R25」 [1]でも記事が載っていたのは皆さんご存じでしょうか?
税制や社会保障での違いを、法律婚と比較して「困難である」という事をあげられており、この困難な事情があるのに、事実婚という様式を選ぶのはなぜ?という内容の記事でした。
実際多いのか?と単純な疑問も沸きますが、婚姻数を拾えないことから、推測として「非嫡出子」の数を記載されています。
ranking_20071108_09.jpg [2]
「最近周りでよく聞く“事実婚”
結婚との中身の違いは?」

応援ヨロシク!
[3]


では、実態はどうなのか?
実際に事実婚をされている方々のブログやサイトにお邪魔し、その理由を拾ってみました。
以下引用です。
◎「事実婚」の定義は?どう捉えている?

「いえ、何年いっしょに暮らしても同棲は同棲です。事実婚には、本人たちに『籍は入れていないけれど自分たちは夫婦なんだ』という意識があって、外の人たちにも『あの2人は夫婦なんだ』という認識があることが必要です。それさえあれば半年でも1年でも事実婚は成立します」
http://r25.jp/index.php/m/WB/a/WB001120/id/200711081109 [4]

ウチは婚約したあと一緒に暮らしたが、その期間は事実婚ではなく、同居または同棲だったと思う。結婚式を挙げ、社会的に夫婦というアピールをしてから後は、事実婚(婚姻届を出していない結婚)だと思っている。
http://blogs.dion.ne.jp/pnest/archives/cat_14001.html [5]

◎「事実婚」を選択する理由は何なのでしょうか?動機は?

私の場合は、夫婦が両方の姓を変えずに結婚(選択的夫婦別姓)することが、現在の法律ではできないことが理由ですが、
http://blogs.dion.ne.jp/pnest/archives/cat_14001.html [5]

名前って、その人のアイデンティティそのもの だと思うんです。なぜ、自分の名前を愛していて、一生その名を名乗りたいと思うのに、それが許されないのでしょうか。
http://homepage.mac.com/nayumama/bes4.html [6]

「働いているので名前が変わると都合が悪い」
「戸籍制度に反対だから」
「別の名前で呼ばれると違和感がある」
「自分の名前に愛着がある」
「自分が自分でなくなるみたいで精神的に苦痛だ」
「名前を変えると主従関係が生まれそうだから」
「紙切れ一枚に特別な意味を見出せない」
「共働きなので、どうせ扶養家族に入られないから」
「改姓の手続きが面倒」
「向こうの家の人間になったみたいで嫌」
「家と家が結婚するのではなく個人と個人が結婚するのだから」
「別れても籍が汚れないから」
などなど。
http://www.geocities.jp/zizitukon/qanda.htm [7]

◎「事実婚」を「内縁」と同義に捉えてしまいがちですが、そうでは無い様です。
改めて「内縁」とどう違うのか?

従来は婚姻届を出さない夫婦を、「事情があって届けられない」という意味含めた「内縁」(「2号さん」「お妾さん」)という呼び方をしましたが、双方が改姓しないため(別姓)、戸籍制度への疑問などから「積極的に届け出ない」夫婦を「事実婚」と呼ぶケースが増えています。
http://www.h6.dion.ne.jp/~pnest/wedding/jijitsukon.html [8]

※内縁とは「2号さん」「お妾さん」という事から、一夫多妻の事を言うのだと思います。
それとは違い、「事実婚」では現代においてタブーとされている複婚とは違い、一般的で特別な事情でもない一夫一妻(一対婚)が前提である様です。
正直、新たな婚姻様式を模索している様にも見える「事実婚」ですが、その理由を見る限り「個」の意識が表面的には強く感じました。しかしながら、潜在的には、法制度自体に意味を感じなくなった事から「結婚(法律婚)って何?」という意識も注目できると思います。
今後の婚姻様式の行方をみる上で、両面で見ることが必要であると思いました。


Article printed from 共同体社会と人類婚姻史: http://bbs.jinruisi.net/blog

URL to article: http://bbs.jinruisi.net/blog/2007/11/293.html

URLs in this post:

[1] 「R25」: http://r25.jp/

[2] Image: http://bbs.jinruisi.net/blog/ranking_20071108_09.jpg

[3] Image: http://bbs.jinruisi.net/blog" target=

[4] http://r25.jp/index.php/m/WB/a/WB001120/id/200711081109: http://r25.jp/index.php/m/WB/a/WB001120/id/200711081109

[5] http://blogs.dion.ne.jp/pnest/archives/cat_14001.html: http://blogs.dion.ne.jp/pnest/archives/cat_14001.html

[6] http://homepage.mac.com/nayumama/bes4.html: http://homepage.mac.com/nayumama/bes4.html

[7] http://www.geocities.jp/zizitukon/qanda.htm: http://www.geocities.jp/zizitukon/qanda.htm

[8] http://www.h6.dion.ne.jp/~pnest/wedding/jijitsukon.html: http://www.h6.dion.ne.jp/~pnest/wedding/jijitsukon.html

Copyright © 2013 共同体社会と人類婚姻史. All rights reserved.