- 共同体社会と人類婚姻史 - http://bbs.jinruisi.net/blog -

「結婚しました」の 1/4 が再婚組み

Posted By koukei On 2007年12月11日 @ 10:00 PM In 未分類 | 7 Comments


「結婚しました」…4分の1が再婚組 :o  05年厚労省統計 2007年01月26日 朝日夕刊

http://www.asahi.com/life/update/0126/013.html

 05年に結婚したカップルのうち、夫婦とも、または一方が再婚である組み合わせは18万767組で、全結婚数に占める割合は25.3%と初めて4分の1を超えたことが、厚生労働省が26日に公表した「婚姻に関する統計」で明らかになった。


「ファイナンシュルプランナーのニュースチェック」から


%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F.jpg
「トラちゃん写真館」からお貸ししました

(再婚組みは)30年前の75年には約11万9000組で12.7%だった。
国際結婚も75年の0.5%から05年は5.8%に増えており、結婚のあり方の多様化が進んでいることを裏づける結果となった。
 再婚組の内訳は、夫が初婚で妻が再婚というケースが全体の7.1%、夫再婚で妻初婚が9.3%、夫婦とも再婚が9.0%。夫婦とも再婚の割合が特に増えている。
 
 離婚件数は75年の11万9000件から05年は26万2000件に増加。離婚した人の約3割が5年以内に再婚
している。
・・・(中略)・・・・・海外ではもっと初婚率は低く、フランスは57%(平成15年)、ドイツは54%(平成14年)、スウェーデンが51%(平成15年)、アメリカが59%(平成2年)。シンガポールだけは82%と例外的に高いのですが、日本も当面は低下することが予想されます。

結婚は一生一人の男女が連れ添うと言う意識は、今や古い意識ということです。子供を作らないなら「結婚」と言う形式は、意味が無い(?)という「事実婚」と言うスタイルまで生まれています。
「結婚のあり方の多様化」と言っていますが、「多様化」というよりも、今までの「結婚」→一生、同じ男女が「家庭」という空間で暮らすと言う制度が、適応していないと言う事。だから、どのような形態が適応形態なのかを、模索し始めている。
次代は「男女関係」「家庭」の仕組みの、組み換えを求めている。


Article printed from 共同体社会と人類婚姻史: http://bbs.jinruisi.net/blog

URL to article: http://bbs.jinruisi.net/blog/2007/12/316.html

Copyright © 2013 共同体社会と人類婚姻史. All rights reserved.