- 共同体社会と人類婚姻史 - http://bbs.jinruisi.net/blog -

結婚する日本人が、減少中!!

Posted By koukei On 2008年1月16日 @ 4:33 PM In E 8 日本 | 3 Comments

現代のような一夫一婦制の形態は、数ある形態の一つであり、その証拠に世界の民俗や昔の日本では、様々な婚姻形態があった。
その事を、色々な事実の提示で この サイト でも紹介してくれています。
現代の一夫一婦制=(一対婚)が不変であると言うことが勘違いである事が、データーによって示されています。
それは「未婚」と言う婚姻形態(?)が日本で急拡大している!と言う事実です。
つまり、ほとんどの人が「結婚」すると言う社会常識(≒規範)が、崩壊し始めていまるのです。
↓↓ポチットお願いします。
[1]


2000年の国勢調査によると、日本人はどんどん結婚しなくなて来ているらしい。
「晩婚化」と言う話を聞いていいたが、一生結婚しない人がどんどん増えている。
昔(30年位前、1980年代まで)は、「適齢期」に結婚していないと、周囲からは
「未だ結婚しないのか」
「紹介してあげるよ」
「結婚して一人前だぞ」
などと言う、周囲の期待(≒強制)の圧力が強くありました。
ですから、結婚しない人は 「何か欠陥が有るの?」 と白い目で見られた。
しかし、現代では、その様な社会規範(≒圧力)が急減した。
%E7%94%9F%E6%B6%AF%E6%9C%AA%E5%A9%9A%E7%8E%87.gif
「国立社会保障・人口問題研究所」 [2]から
注目して欲しいのは、 「生涯未婚率」=50歳まで一度も結婚しない人の比率 です。
グラフの下の方に有る(赤と黒)の折れ線グラフがそれです。
注目は、男性の生涯未婚率の急上昇です。
          【1880年】      【2000年】
 <男>     2.6%    ⇒    12.4%
 <女>     4.4%    ⇒     5.8 %
グラフの上の2本の折れ線グラフは、現在の男女の適齢期(?)である 男「30~34歳」、女「25~29歳」の各時代における「未婚率」を表しています。男女とも急上昇中で、2000年では、男:54%、女:42.9%
です。
なんと「適齢期」の男女合わせて半数近くが未婚なのです。
このままで行くと、現在の20代の男性は、3人に1人は生涯結婚しない、と言う検討結果まで有るようです。「団藤保晴の
 インターネットで読み解く!」

女性は、晩婚化により30代になっての結婚が増えているのも原因の一つかもしれません。
以前扱われた実態は一緒に暮らしていると言う「事実婚」が増えている事も有るのでしょう。
「「事実婚」って何だろう-2」 [3]
しかし「結婚しなくても良いや」と考える人達が急増しているようです。
日本の婚姻制度を考える上で、結婚しない=「未婚」は、出生率の低下(民族が滅亡してしまう)からも大きな問題です。


Article printed from 共同体社会と人類婚姻史: http://bbs.jinruisi.net/blog

URL to article: http://bbs.jinruisi.net/blog/2008/01/340.html

URLs in this post:

[1] Image: http://bbs.jinruisi.net/blog" target=

[2] 「国立社会保障・人口問題研究所」: http://www.ipss.go.jp/syoushika/seisaku/html/112a2.htm

[3] 「「事実婚」って何だろう-2」: http://bbs.jinruisi.net/blog/2007/11/000293.html

Copyright © 2013 共同体社会と人類婚姻史. All rights reserved.