- 共同体社会と人類婚姻史 - http://bbs.jinruisi.net/blog -

明治時代、日本の庶民である娘・若者達はデートをして相手を決めていた。

Posted By koukei On 2008年3月14日 @ 1:36 PM In E 8 日本 | 8 Comments

昭和10年に、九州長崎の西方100kmに浮かぶ五島の島々に,民俗学者の「瀬川清子」が訪れた。
そして、地元のおばあちゃんたちに、若い頃の「村の娘の結婚」について聞いている。
今から約120年位前だから、今の若者からすると4~5世代前の日本の娘たちである。
あなたも、当時の日本の「娘達の結婚」について、おばあちゃんの話に、耳を傾けてみませんか?
↓ポチットお願いします


「婚姻覚書」瀬川清子著  よりの引用です。
tonboro.jpg
写真は、五島列島の奈留町 「前島のトンボロ」:五島市観光情報サイトより 
●おばあちゃんの話

私たちが娘だった頃は、年頃になれば娘宿というのに集まった。親の側ではわがままをするので、他人の飯を食わなければならない。娘宿に集まると、自然に教育されるから、「よせつけてくれろ」と親が娘宿にたのむ。若もの宿、娘宿それぞれ十軒もあったであろうか。

 夏冬、午後の七時半から八時ごろまでのあいだに宿に集まった。
ここでは二十年前まで地機(じばた)を織り、麻も植え、養蚕もして繭もとった。
十二歳からの女の手仕事をおしえられ、やがて宿仲間に入れてもらって娘宿に行く。十七、八歳のころには綿をしのにした物が四十匁、その四つの一つの十匁を一夜でひかなければならない。
ここは男は漁をして農業の方を手伝わないので、娘は昼に畑をし、夜は宿に集まって糸をひいたのである。

・・・・(中略)・・・・十五年前からは木綿の糸ひきもなくなったので、娘たちは娘宿に泊まるだけであった。
村の娘はたいてい娘宿にきていて、二十くらいまでには相性相性で夫婦になるのであるが、婚礼のときは、宿親が子として連れていってくれたものである。
同じ宿にとまっている娘がつれ嫁になってついて行く。夜のことであるから宿親の責任は重かったのである。

あるワッカモノに対する考え方が娘と宿親と違う場合は、宿をかえることが間々あった。これは宿親と相性でないのだから致し方ない。
「あの若もの一緒になろうとおもっている。」と言うことを、同宿の友人が、宿親に察してもらえるようにとりはからって、宿親から生みの親に話してもらったり、年かさの娘から親に匂わせてもらったりしたのである。
宿のおとっさんは、大事件でなければ出ないのである。

親が娘を頼むと、娘宿に連れてくる
娘宿で、糸紡ぎなど手仕事を覚えた。
娘宿で、娘同士の集団により規範を覚え大人になる。
娘宿、若者宿は、結婚相手を見つける大切なシステムだった。

   木綿ばひくひくサマジョ(恋人)ば待てば、サマジョまちきらで、はた枕
はたは木綿車である。若ものは娘宿に遊びに来た。
働き者も良いが、やはり顔立ちのいいのがよろしかった。
娘らはカテッコで髪を結った。ふだんは島田、もの日には天神髷にイガノコをつけた。
若のもの日には、娘宿に酌とりを借りに来たが、終えると必ず宿まで送り返すのが規則であった。
年上のものから、だんだんに嫁に行って宿からひく。年下のもが年々入ってくる。
他村の若者にねんごろした娘は、村のワッカモノに海に投げられたり道普請をさせられた。

娘宿は、娘の結婚相手(若者宿)との出会いの場でもあった。
生みの親以外に、宿親が出来て一生の相談役となった
若者宿の若者たちは、村の自治の重要な部分を担った
村の性も共有であり、村外の若者とねんごろになることはタブーであった。
dozaki.jpg
写真は、五島市奥沢村「堂崎教会」<禁教令解除後の五島における最初の教会>: 五島氏観光情報サイトより

五島のある小学校の校長さんが、こんな話を聞かせてくれた。
十年余り前に、この島に他国の漁業者が入ってきたときに、娘宿が不安であるからと言う若者仲間の意見で、私が口をきいて、娘宿を解散したことがある。そうめんなどを煮て、分かれの会を催したところ、娘たちは私を非難して、
「先生わるっかいな、御祝言(結婚)さえんじゃないか、相手見つけれん」
といった。
一年たったらまた復活したのである。

ある島では、風俗壊乱のかどで、警察官がとまり宿の閉鎖を命じたところ、若者たちは、
「医者むかえの急場をどうする」
といって反対したそうである。
そのころ島々では、店といっても、酒、そうめん、駄菓子くらいしかなかったので、若者仲間で買物船を出して、村中の家々の買物を責任をもって引き受けていたのである。
急病人があっても、とまり宿に行けば医者むかえの船を出してくれる、不幸の際には、薪とり、米つきをしてくれる、息子や娘を宿に出しておかないと、病人が出たり不幸があったとときに、若者連中が見てくれないので、どの家でも子供を仲間にいれてもらった。

生みの親元で大切に育てられた幼児時代を経て、若者同士の中に入って集団規範を学ぶ若者宿、娘宿は興味深い制度である。
そして、村の重要な役割も担いながら、若者宿、娘宿は自治運営されている。
集団として大切な「性」に関しても、若者達、娘達の主体性に任せながら、結婚して大人の仲間に参画してくるのを、村の人々は期待していた。
若者教育、村での役割(緊急対応など)、さらには、男女関係までも包括した、「娘宿」「若者宿」のシステムは、非常に良く出来た制度である。
明治時代になって、西洋文化人から見ると、若者達が主体的に結婚相手御探す為の性関係は、「風俗壊乱」の行為であり、文明国の文化でないと一方的に決め付けられて、解体されてしまった。


Article printed from 共同体社会と人類婚姻史: http://bbs.jinruisi.net/blog

URL to article: http://bbs.jinruisi.net/blog/2008/03/372.html

Copyright © 2013 共同体社会と人類婚姻史. All rights reserved.