- 共同体社会と人類婚姻史 - http://bbs.jinruisi.net/blog -

沖縄に伝わる一人前の女性の資格行事

Posted By saah On 2008年7月15日 @ 11:00 PM In E 8 日本 | 3 Comments

世界各地には一人前と認めてもらうための資格試験のような行事があちこちに存在しています。ただ、その多くは男性の為のものが多く、『勇者』 としての資格試験が多いように思います。
今日は日本の沖縄に伝わる、女性の為の一人前の資格試験 と思われる行事について紹介したいと思います。場所は沖縄の本島から離れた久高島と言うところに伝わる「いざいほう」と言う行事です。
先に進む前に今日も応援をお願いよろしくお願いします。
[1]


izaihoo.jpg [2](「神の島久高島 [3]」より拝借)
以下、池田弥三郎著、「性の民俗誌」より引用です

本島から離れた久高島には、いざいほうという、十二年目ごとに行われる行事がある。島中の処女をかみあしゃげという神聖な場所に集め、そこに設置した、高さ二尺(約60センチ)、長さ二間(約4メートル)ばかり、幅一尺五寸(約45センチ)くらいの橋を渡らせる。ところが、すでに処女でないものはこの橋を渡り終えることが出来ず、落ちて死ぬと言われている。それで身に覚えのある処女は、その行事以前に身を隠してしまうか、それをしいて知らぬ顔で押し通そうとするかする。けれども信仰に支えられているからだろう、しいて渡るものはわずか二尺ほどの橋から落ちて気絶する者さえある、と言うのである。このいざいほうの行事こそ、神に仕える資格の有無テストであったと見ていいだろう。
ここまで話が進んでくると、これは結局、一人前の女性となるためのテスト、すなわち、成女戒といわれるものの話に踏み込んでくるが、それは先にゆずって、似たような行事の内地のほうにおける残存を求めると、『伊勢物語』以来有名な「鍋かぶり祭り」がそれであろう。

(引用終わり)
たかだか二尺(約60センチ)の高さの橋から落ちて気絶すると言うくらい、『言い伝え通り、処女でない自分はここから落ちて死ぬかも』と言う信仰心から来る思い込みの強さは相当なものだったようです。
それはともかく、この地方では「いざいほう」と言う行事を通って初めて神に仕える資格が出来、一人前の女性として認められたわけですね。
『いざいほう』の意味は以下のような意味らしいです。

沖縄県久高(くだか)島で、午年(うまどし)に行われる神女加入儀礼。島出身の女性あるいは島の男性に嫁した女性が三〇歳になると参加する。

リンク [4]
このように年齢も含めて一人前とみなす機会として、神聖な場所に「有資格者」である女性たちが集められ、みなの前でその資格があることを披露する風習だったようです。
また神に仕えることが出来るのは一般に女性のみであったようで、そのことは当時の建物にも現れています。
%E4%B9%85%E9%AB%98%E5%B3%B602.jpg [5]
以下、折口信夫著 『琉球の宗教 [6]』より引用。

御嶽は、神人(カミンチユ)の外は入れない地方と、女ならば出入を自由にしてあるところとがある。女には、神人となる事の出来る資格を認めるからと思はれる。どの地方でも、男は絶対に禁止である。島尻の斎場(サイフア)御嶽でも、近年までは、女装を学ばねば這入れぬ事になつてゐた。
大きな御嶽(オタケ)なら、其中に、別に歌舞(アソビ)をする場処がある。久高の仲の御嶽(オタケ)の如きが其である。併し多くは、其為に神あしゃげがある。神あしゃげ多くは、神あさぎと言ふ。神あしあげの音転である。建て物の様式から出た名であらう。

(引用終わり)
このように神に仕える神聖な場所へは男性は立ち入り禁止であり、神に仕えることの出来る女性のみが入ることを許されたと言う場所、それが先に出てきた『かみあしゃげ』だったようですね。
しかしいつの時代にも出てくる、『処女』の神秘性はどこから来るのでしょうか?
処女でない女性は橋から落ちるからと、事前に身を隠してしまうなどという出来事はだいぶ後になってからではないかと思いますが、そもそもこの行事が定着した頃の処女であることの理由とはなんだったのでしょうか?


Article printed from 共同体社会と人類婚姻史: http://bbs.jinruisi.net/blog

URL to article: http://bbs.jinruisi.net/blog/2008/07/414.html

URLs in this post:

[1] Image: http://bbs.jinruisi.net/blog" target=

[2] Image: http://bbs.jinruisi.net/blog/izaihoo.jpg

[3] 神の島久高島: http://www.kudakajima.jp/

[4] リンク: http://dictionary.goo.ne.jp/search/0087430-0000/jn/5/

[5] Image: http://bbs.jinruisi.net/blog/%E4%B9%85%E9%AB%98%E5%B3%B602.jpg

[6] 琉球の宗教: http://mobile.seisyun.net/cgi/bgate/000933__18391_22335/344/

Copyright © 2013 共同体社会と人類婚姻史. All rights reserved.