- 共同体社会と人類婚姻史 - http://bbs.jinruisi.net/blog -

縄文人口研究の現在

Posted By kasahara On 2009年4月16日 @ 11:50 PM In F 日本人の起源 | 7 Comments

縄文時代の人口は未だ不明!?
日本人はどこから来たのか?を考える上で、時代区分・文化区分ごとの人口分布や密度データはとても重要になってきます。特に、文献記録の存在しない弥生時代や縄文時代等では、なおさらですね :D
しかし驚くべきことに、未だ縄文時代については実はその人口や地域分布がよく分かっていないというのが現状なのです

「え~?」

「縄文時代の人口や分布については、定説があるんじゃないの?」

imagefile01080108103243.jpg [1]
さて、
今回はそんなあなたとわたしのために、
今後の研究や追求の基盤となる縄文人口研究の現在を追ってみたいと思います
:blush:
↓ポちっとね



縄文時代の人口や分布については、定説があると思われる方も多いと思います。私もこれまでそう思ってました。研究の根拠に、その定説(らしきもの)を用いて仮説を構築したり、論文をかかれる学者の方も実際とても多いのです。
しかし、あらためて調べてみると、じつはこの定説。なんと検証されていないひとつの仮説に過ぎないことが分かりました

なぜそのような状況になっているのでしょうか?
現在多岐に渡る学術・研究分野で使用されている縄文時代の推定人口は、その殆どが小山式縄文人口仮説によって算出された人口が使用されています。
(例えば、もはやこれも現在では定説に近い位置づけとなっているナラ林文化論。小山説を元に佐々木高明氏がナラ林圏・照葉樹林圏=縄文文化説を提起)
この仮説の生みの親である※小山氏本人も、実はその想定人口数の精度については、当時の遺跡データの情報不足・地域偏重についてはかなり問題を感じていて、当時の小山氏ができる限りのデータから類推した人口数に過ぎないのです。この想定人口はあくまで最初の仮説提示として意味を重視し、人口の精度自体については今後の研究に委ねたいとしていました。
しかしその後、小山式縄文人口仮説に対する精度や算出方法において、学会内でも小山式縄文人口仮説に対して疑問の声もあったようですが、小山式仮説自体の問題(算出方式や基礎データの公開情報不足)もあり小山氏の仮説を超え、より精度を高めた縄文時代の人口数を、追及・進化させ、発表する勇気ある追求派の学者が(小山氏本人も含め)現れなかったということのようです。

※小山 修三( 1939年 – )文化人類学者・考古学者。国立民族学博物館名誉教授、吹田市立博物館館長

未だ小山方式による人口算出以外の数値がない!
一方、一仮説(切り口提示)であったはずの小山式縄文人口仮説は、その数値的訴求力から事実根拠が曖昧なままに社会的に流通し、通説化・定着化し、多岐に渡る学術・文化研究のベース資料として利用されていくことになりました。
つまり、縄文人口・分布の問題は小山説の正否というよりも、精度の低い小山式縄文人口仮説が、その後検証⇒精度アップに向かわず、未だにあらゆる分野の基礎データになっているという問題なのです。

問題意識・危機意識からの新説!
しかし、最近は分析技術の向上や各地の遺跡発掘成果により、遺跡データは未確定要素は多分に含みながらも小山説発表時点から、大量に遺跡が追加発掘され、時代特定の精度も高まっている為、小山仮説より精度の高い人口想定が可能な状況が整ってきています。
そのような中から、最新のデータや分析技術を根拠に、縄文人口の算出に挑戦する研究者が登場してきました。


「縄文文化=ナラ林圏説の検証」藤枝俊郎氏、熊谷樹一郎氏 http://www.tt.em-net.ne.jp/~teda/gisgakkaikouen.pdf [2]

いづれにせよ、人口算出想定の根拠が遺跡であることは変わらないと思います。新たに発掘された遺跡・時代区分データを元に算出された、上記両氏の人口分布データが少なくとも小山説より明らかに精度の高いものであろうと思われます。

しかし一方、この両氏の研究も比較統計の段階であり未だ人口の数値化までは至っていません。また、文化圏と植生との関係についても、小山仮説より広範囲に遺跡が分布しているという事実からだけでは、結論は難しいと思います。(日本列島でもこの1万5000年間で気候と共に、植生自体が大きく変化しています)現段階ではまだまだ「どちらともいえない」という、振り出しに戻った(検証の土俵に乗った)ような感じだと思われます。
縄文時代の人口研究はまさに本格的にスタートを切ったというのが現在の状況だと思います。これからの追求成果に今後注目ですね!
:P
by casa


Article printed from 共同体社会と人類婚姻史: http://bbs.jinruisi.net/blog

URL to article: http://bbs.jinruisi.net/blog/2009/04/559.html

URLs in this post:

[1] Image: http://bbs.jinruisi.net/blog/imagefile01080108103243.jpg

[2] http://www.tt.em-net.ne.jp/~teda/gisgakkaikouen.pdf: http://www.tt.em-net.ne.jp/~teda/gisgakkaikouen.pdf

Copyright © 2013 共同体社会と人類婚姻史. All rights reserved.