- 共同体社会と人類婚姻史 - http://bbs.jinruisi.net/blog -

集団から個人へ ~集団喪失と女性~

Posted By hayabusa On 2009年8月14日 @ 7:39 PM In D 東洋と西洋 | 10 Comments

taiheiji04.jpg
前回のシリーズ記事「終戦直後~現在の日本:恋愛結婚と離婚率の増加の関係」 [1]で戦後日本の結婚(出会い)の変化、離婚率の増加等のデータを示しました。
今日は、戦後から現代まで、女性の心身に焦点を当ててみます。
婚姻史と共同体社会を扱う本ブログでは、ちょっと番外的な記事かもしれませんが、集団生活が個人生活に置き換わっていく時代の変遷は、女性の身体にどのような影響を及ぼしたのでしょうか。


■前提条件
終戦直後の日本は、第一次産業に従事する人口が就業人口全体の約50%(49~53%)であった [2]といわれています。農林水産業は、一人では出来ませんから、終戦直後の日本は、まだ集団性の強い村落共同体が色濃く残っていた社会であったわけです。
その後、経済成長と歩調をあわせて、都市生活者が増えてきます。地方の村々から遠く離れた都会に出て、第二次産業、第三次産業に就く人がどんどん増えてくるわけです(現在の第一次産業人口は、全就業人口の14.4%。第二次、第三次産業がそれぞれ、34.0%、51.6%となっています)。
村落共同体から離れて都市に集まった人々は、集団と完全に決別した個人として都市生活を営みます。生まれた場所・育った環境等に全く共通性がない個人の集まり。幼い時分から顔見知りで気が知れた人は、誰もいません。そこでは、顔見知りの中で生活する「安心感」は失われたことでしょう。見知らぬ人に囲まれて「警戒心」が先立つようになっていきます・・・・・・。
■女性の身体変化~月経不順~
突然ですが、ここに、昭和28年当時の女性の月経不順率を示したデータがあります。
[3]
~出典:『日本人の性生活』より~
戦直後(昭和28年)の当時は、先述のように、村落共同体が色濃く残存する社会。その一方で、都市に住まう人々も当然ながらいました。
つまり、この時期は、現在では失われた村落共同体と、現在に近い都市生活が並存する非常に珍しい時期であったわけです。したがって、同じ時代で全く違う二つの生活が推し量れる貴重なデータと思います。
で、そんな事を考えながらデータを見てみると・・・・・・
山手・下町といった都市部では、女性の月経不順率は20%近い値を示しているのに対して、農村・山村では10%以下2倍以上の差があることがわかります。対象は同じ日本人ですから、この差は生活環境による違いとみて間違いないでしょう。
■月経不順と心身のストレス
月経不順と心身のストレスは、密接に関係しています。
女性の排卵には、脳の視床下部からゴナドトロピン放出ホルモンが放出され、それが脳下垂体を刺激して排卵を起こす黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモンを分泌させるという一連の働きが必要です。
視床下部、脳下垂体は、私たちの本能を司る脳幹に位置します。自律神経の中枢です。現代人がストレスから自律神経失調になることからわかるように、心身の影響は自律神経に強く作用します。これと同じ理由で、心身ストレスが、自律神経に影響し交感神経・副交感神経のバランスを狂わせると、月経不順や無月経、ひいては不妊になります
これを裏付けるため、知り合いの女性や女房に話を聞いたんですが、ほぼ全員が心身ストレスの影響が少なくとも月経に対しては顕著に現われると答えました。彼女達は過酷な肉体労働をしている人たちではありません。普通の主婦や会社員です。したがって、現代女性の月経不順の多くは、身体的なストレス(疲労)の影響より、精神的なストレス(心)の影響を強く受けていると推察します。
■現在の女性の妊娠出産に関わる健康状態
昭和28年当時の女性に対して、現在の女性はどうなのでしょうか?そのデータがこれです。
↓↓↓↓↓
[4]
未婚女性の場合に限られますが、月経不順率は概ね15%程度です。これは、昭和28年当時の全体値と変わりません。
しかし、これによって浮き彫りになるのは、昭和28年当時の農村・山村の月経不順率の低さ(8%程度)です。かつての村落共同体に暮らしていた女性は、現代人女性の半分以下の割合しか月経に関する問題を抱えていません。逆に言うと、妊娠・出産に関して今よりも倍以上健康であったということです。
■考察
女性の月経を事例としてあげるのは、ちょっとはばかられました。が、心身ストレス、特に「心」の影響を色濃く反映する部分として注目してみました。
結果として、かつての村落共同体に暮らす女性が、現在よりはるかに健康であっただろうと推察するに至りました。
なぜ、現在よりきつい肉体労働を行っていたかつての女性たちが、現代人女性より健康なのか?・・・この原因は、「集団の喪失」にあると考えます。
全てが個人発、個人課題に置き換わった現在に対して、私たち人類が集団生活を行ってきた歴史は、はるかに長い。比率にすると、日本人の場合は戦後65年に対して数百万年。99.9999% 私たちは集団とともにありました。その長い間、飢餓や疫病など(身体的ストレス)におびえつつも、集団の皆から安心感や充足感を得て、互いに「心」を充たし合って生活し、それを頼りに生きてきたわけです。したがって、本能を司る脳幹もその影響のもとで、自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスを確立してきたと考えます。
現在では、過去の村落共同体、すなわち、集団があることで得られる安心感や充足感は、もはや体験することはありません。しかし、過去のデータから察するに、心も体も充たされていたであろう時代が、ついこの間まであったのは事実。集団動物である私たちにとっての集団の大切さを物語る事実でしょう。
・・・・・・物言わぬ自律神経の変調。
その一例である女性たちの月経不順が、失われた集団への憧憬と欠乏に映るのは私だけでしょうか?


Article printed from 共同体社会と人類婚姻史: http://bbs.jinruisi.net/blog

URL to article: http://bbs.jinruisi.net/blog/2009/08/638.html

URLs in this post:

[1] 「終戦直後~現在の日本:恋愛結婚と離婚率の増加の関係」: http://bbs.jinruisi.net/blog/2009/07/000623.html

[2] 約50%(49~53%)であった: http://wwwhakusyo.mhlw.go.jp/wpdocs/hpaa195201/b0059.html

[3] Image: http://bbs.jinruisi.net/blog/%E6%9C%88%E7%B5%8C%E4%B8%8D%E9%A0%86%E7%8E%874.html

[4] Image: http://bbs.jinruisi.net/blog/%E6%9C%88%E7%B5%8C%E4%B8%8D%E9%A0%86_%E7%8F%BE%E5%9C%A81.html

Copyright © 2013 共同体社会と人類婚姻史. All rights reserved.