- 共同体社会と人類婚姻史 - http://bbs.jinruisi.net/blog -

日本の性風俗の変化 江戸~明治 その2

Posted By mukai On 2009年9月14日 @ 12:00 PM In E 8 日本 | 9 Comments

前回の『日本の性風俗の変化』 [1]では、混浴や裸体による日常活動と文明開化に付いての話でした。
      [2]  
今回は「婚姻届」について、、
現在では一夫一婦制が当たり前のようになっている日本。
「婚姻」という制度ですとか、浮気はダメっていう風俗は何時から出来たのか
を調べてみました。
ブログランキングUPに協力して頂き( )続きをご覧下さい。
        [3]


          06159745.jpg
       写真は婚姻覚書 (講談社学術文庫)のカバーです。
「婚姻」という制度ですとか、浮気はダメっていう風俗も大昔からあったように
思い込んでいますが、実はほんの100年位前まではそうでなかったようです。

江戸時代の大奥とか、将軍・・・など一部の権力者(金持ち)では一夫多妻
だったようですし、庶民でも、各地でつくられていた「若連中」の「若者宿」
とか「娘宿」、「夜這い」の風習で分るように部落意識が強く、男女交際も
若連組の承認の上でおこなわれていました。
つまり村落共同体においてはオープンだったのです。
明治以前の聟入婚、村内婚の時代においては、若者組や娘組の共同監視や
自然統制の中において、若い男女は、かなり自由に恋愛結婚をおこなっていた
と考えられます。
婚姻準備としての恋愛交渉は、社会的に容認された人間修行の道であったのです。
すなわち、「夜這い」は、結婚成立への正常なコースであったのである。

明治以前の混浴や裸体による日常の例 [1]を見ても分るように、当時の人々にとって、
“性は隠すもの”ではなく“おおらかなもの”であると認識していたようです。
江戸時代には妻の他に妾を囲うことは、前述したように上流武士社会や富裕な
町人層では普通に行われていました。
こうしたいわゆる蓄妾制は明治時代に入ってからも続き、明治3年に制定された
「新律綱領」では妻と妾を同等の二親等とすると定められたのです。
つまり、家を存続させるためには、妾も妻と同等の地位に押し上げ、跡取りを
産んでもらおうという事情が潜んでいました。

キリスト教を背景とした西洋文化が浸透するにしたがって、一夫多妻制は貞操概念
を逸脱した、野蛮な制度であるとの認識が広まっていく。
それに変わって、一夫一妻の対を土台とする結婚という契約制度という概念が
一般的であるという認識が広まったためである。
以降、日本では一夫一妻制を基調としており、これは明治23年に発効された
旧民法人事編31条に記載が見られる。

以降住居移転の自由や、交通の発達によって、村外嫁入婚の時代に移行して行くと、
「夜這い」ということばは、いつしか卑俗な語感になりさがってしまう。
大正時代にはまだ自由思想が底流していたのでさほど社会の目もきびしくはなかった
が、昭和の戦時体制にはいってからは、道義的に「夜這い」は許されぬ行為とみら
れるに至った。

戦後の新憲法下においては、「恋愛」を罪悪視する風潮はなくなったが、恋愛結婚
はまだ全体の50%にすぎない。
以上が婚姻習俗の概要である。


Article printed from 共同体社会と人類婚姻史: http://bbs.jinruisi.net/blog

URL to article: http://bbs.jinruisi.net/blog/2009/09/663.html

URLs in this post:

[1] 『日本の性風俗の変化』: http://bbs.jinruisi.net/blog/2009/08/000642.html

[2] Image: http://bbs.jinruisi.net/blog/5-2-21.html

[3] Image: http://bbs.jinruisi.net/blog" target=

Copyright © 2013 共同体社会と人類婚姻史. All rights reserved.