- 共同体社会と人類婚姻史 - http://bbs.jinruisi.net/blog -

世界の血液型因子(A・B・O)の分布図

Posted By KIDA-G On 2020年1月14日 @ 11:36 PM In A 人類の起源を探る | No Comments

「知識の泉Haru’sトリビア★世界の血液型とその分布を知ろう!」 [1]から転載。

A型因子の分布図
★世界の血液型とその分布を知ろう!_a0028694_112739.gif
血液型因子分布の世界平均は、 A23% B11% O66%
A型は北欧から西ヨーロッパにかけてに多く、 A型の最も多い地域は北スカンジナビア、特にモンタナのブラツクフットインディアン(30-35%)、オーストラリア原住民(多くのグループが40-53%です)、ラップ人か、サミィの人々(50-90%)です。

B型因子の分布図
★世界の血液型とその分布を知ろう!_a0028694_11275115.gif
血液型因子分布の世界平均は、 A23% B11% O66%
B血液が最も多いのは中央のアジアで、比較的多いのがアフリカです。少ないのがアメリカ大陸とオーストラリアです。

O型因子の分布図
★世界の血液型とその分布を知ろう!_a0028694_11282821.gif
血液型因子分布の世界平均は、 A23% B11% O66%
O血液型は世界中で一番多く、分布比率が100%に近いのが中南米の原住民、オーストラリア原住民と西欧(特にケルト族の先祖がいる人口における)です。 O型が少ないの東欧と中央アジアで、そこで多いのがB型です。


Article printed from 共同体社会と人類婚姻史: http://bbs.jinruisi.net/blog

URL to article: http://bbs.jinruisi.net/blog/2020/01/4590.html

URLs in this post:

[1] 「知識の泉Haru’sトリビア★世界の血液型とその分布を知ろう!」: https://amor1029.exblog.jp/1594320/

Copyright © 2013 共同体社会と人類婚姻史. All rights reserved.