- 共同体社会と人類婚姻史 - http://bbs.jinruisi.net/blog -

ウーマンリブ運動の本当の目的

Posted By KIDA-G On 2021年1月7日 @ 6:30 PM In E 8 日本,E 人類婚姻史 | No Comments

ウーマンリブ運動は、1960年代後半~1970年代前半にかけてアメリカ合衆国を起点に各国に広がっていきました。
1970年にはウーマン・リブ大会が日本で開催され、それ以降以下のように日本でも男女同権が社会的な共認としてい勢力を増していきます。

・1979年 国連、女性差別撤廃条約採択(日本は85年に批准)
・1981年 ILO、家庭的責任を有する男女労働者の機会及び待遇の均等に関する条約採択(日本は95年に批准)
・1986年 男女雇用機会均等法施行
・1989年 日本初のセクハラ提訴
・1992年 育児休業法施行。婦人問題担当大臣誕生
・1994年 高校家庭科が男女ともに必修に
・1996年 男女共同参画2000年プラン発表
・1999年 育児・介護休業法施行。男女共同参画社会基本法成立、施行

発端となったウーマンリブ運動ですが、その本当の目的とは何だったのでしょうか。
リンク [1]より

*****************************************************************************
ウーマン・リブとは何だったのか?
ロックフェラーがアーロン・ルッソに語ったこと。
YOUTUBEにアーロンルッソのインタービューがいくつかアップされている。
9.11陰謀説は有名だが、ウーマンリブ陰謀説もあったとは・・・・これについては全く知らなかった。
言われてみれば確かに家族は崩壊していますね。
ウーマンリブがこれを助長した?うーん、そう言う見方もありかな?

ルッソ: 彼の家で彼が語ったことのひとつは、笑いながら話し出したんだけど「ウーマン・リブは何だったと思う?」って。
そのとき僕は型にはまった考え方で「女性は働いて男性と同等の給料を得る権利があると思うし、丁度女性たちが投票権を勝ち取ったのと同じさ」と言ったら笑い出して「お前はバカだな」と。
「どうしてバカさ?」と聞いたら「あれが何だったのか教えてやろう。俺たちロックフェラーが資金を出したんだよ。俺たちがウーマン・リブを後押ししたんだ。俺たちロックフェラー財団が全部の新聞やTVで取り上げたんだ」と。
「どうしてか知りたいか?主な理由はふたつ。ひとつは、ウーマン・リブ以前は人口の半分に課税できなかった。ふたつ目は、(母親が仕事に行くので)今や子供たちは早くから学校に通う。だから子供たちの考え方を好きなように出来る。彼らを家族から引き離して州の職員(教師)が彼らの家族になる。親が教える代わりに学校が家族になる。それがウーマン・リブの主要な目的だった」。
それまで僕の考え方では(ウーマン・リブは)とても高潔なことだった。でもその裏にある意図を知ったとき、どういう背景か、何でやったのかが見えたとき、僕が高潔だと思ったことのうしろに邪悪を見ましたよ。

インタビュアー: グロリア・スタイナム(フェミニストの旗印的存在で”Ms.”誌を創刊し、最初の発行人兼編集者)ともう一人が、リブの雑誌”Ms.”にCIAが資金を出していたと認めたことを知ってますか?

ルッソ: いや、知りませんでした。それは聞いたことがない。CIAが”Ms.”誌に資金を出したんですか?

インタビュアー: 女性に課税することと家族を壊すことを目標として言明しつつ、CIAが”Ms.”誌に資金を出したんです。

ルッソ: ホントですか!? それは聞いたことがなかった。まぁ、でもニックに言われてたからCIAが関係してたのは知ってたけど。

インタビュアー: グロリア・スタイナムはCIAが「あなたが女性を助ける手助けをしたい」と言ったと、それで資金を出してくれたと誇らしげに言っていましたよ。もちろんその運動を分裂させて征服したわけだけど。
それに元々女性は色々ひどい目に遭ってきたけれども、彼らエリートは彼女たちを助けるどころか実はもっとひどい目に遭わせて、彼女たちから男を取り上げたんです。
黒人社会を見てご覧なさい、50年前には私生児の割合は10%だったけど、今や90%以上です。
福祉予算のおこぼれにあずかりたい利権団体にとって、(政府から)お金を貰おうと思ったら家の中に男がいちゃまずい。家族がこのようにすっかり崩壊させられ、総人口で見ても私生児の割合は50%以上です。

*****************************************************************************

 


Article printed from 共同体社会と人類婚姻史: http://bbs.jinruisi.net/blog

URL to article: http://bbs.jinruisi.net/blog/2021/01/5246.html

URLs in this post:

[1] リンク: https://blog.goo.ne.jp/autumnleaf100/e/b81568952fb28e6ce377e6832b2e1f1d

Copyright © 2013 共同体社会と人類婚姻史. All rights reserved.