- 共同体社会と人類婚姻史 - http://bbs.jinruisi.net/blog -

シリーズ「モンゴロイドの歴史」6~モンゴロイドが北方適応形質を獲得したのはいつか?~

Posted By sachiare On 2011年6月7日 @ 11:59 PM In A 人類の起源を探る | 7 Comments

シリーズ「モンゴロイドの歴史」6~モンゴロイドが北方適応形質を獲得したのはいつか?~
こんにちは。
我らモンゴロイドの歴史を紐解き、人類史におけるモンゴロイドの可能性の道を追う、シリーズ『モンゴロイドの歴史』。
これまでのシリーズの紹介は次のとおりです。
 1.人類史を追求する意義と視点 [1]
 2.人類の出アフリカとモンゴロイドの誕生 [2]
 3.原モンゴロイドの北上 [3]
 4.南方モンゴロイドの拡散 [4]
 5.新しい北方適応モンゴロイド=新モンゴロイドの登場 [5]
前回の第5回では、ユーラシア大陸の南東部(スンダランド)に定住した南方モンゴロイドが、1.4万年前~6千年前の温暖期に拡散し、その中の一団が北へ移動し、新たな北方適応モンゴロイド=新モンゴロイドになったところまで見てきました。
ところで、北東ユーラシアへ進出した人類は新モンゴロイドが初めてではありません。これまでこのシリーズで見てきたように、新モンゴロイド以前にも、人類は北東ユーラシアへの進出を何度も試みています。
[6] モンゴロイドの移動(クリックで拡大)
では、ここで問題です。
「体型はズングリ・ムックリ、顔は扁平」とされる新モンゴロイド的形質が形成されたのはいつなのでしょう?
 古い北方モンゴロイド?それとも新モンゴロイド?
今日はこの難問に迫ります。
2010年年末に開催された「なんで屋劇場」 [7]で話し合われた内容にそって進めていきます。
      いつものように応援をよろしくお願いします!
[8]


■モンゴロイドの特徴
南方モンゴロイド(古モンゴロイド)

中東地域・インド亜大陸方面から東南アジア方面に進出したと考えられるモンゴロイドが南方モンゴロイド(古モンゴロイド)呼ばれる。彼らは、熱帯雨林に適応した結果、低めの身長、薄めの肌の色、発達した頬骨、横広の顔、鼻梁が高く、両眼視できる視野が広い等の特徴を持つ。(他の、彫の深い顔、二重瞼、体毛が多いこと、湿った耳垢、波状の頭髪、等の特徴は新モンゴロイド以外の多くの「人種」と共通)

Wikipedia(モンゴロイド [9])より

北方モンゴロイド(新モンゴロイド)

北に向かった古モンゴロイドの子孫、及び中東にそのまま留まった集団の子孫がそれぞれ北上し、東ユーラシアの寒冷地域で独自の適応を遂げた集団。新モンゴロイドは、寒冷地域に適合した体質として、比較的体格が大きく、凹凸の少ない顔立ち、蒙古襞(目頭の襞)、体毛が少ないこと(特に男性のひげの少なさ)などの特徴を持っている。さらに、耳垢が湿ったあめ状ではなく乾燥した粉状となり、耳垢の特徴と同じ遺伝子によるわきがの原因となるアポクリン汗腺が少なく、頭髪が直毛であること、面長といった特徴がある。

Wikipedia(モンゴロイド [9])より

[10]
 上左:北方モンゴロイド男 上右:南方モンゴロイド男
 下左:北方モンゴロイド女 上右:南方モンゴロイド女 (写真はコチラ [11]から)
日本人は、古くから日本に居住している集団(古モンゴロイド、縄文人)と、弥生~古墳時代の西日本に、大陸から稲作と金属器文化を携えた移住してきた渡来集団(新モンゴロイド、弥生人)との混血のもと、現在の日本人が形成されました。
縄文人は、身体的特徴は南方モンゴロイドに近いが、遺伝子学的、考古学的には、むしろアジアの北方地域との関連が深いようだ。そだとすれば、縄文人の祖先は北アジアにいた北方モンゴロイドに特殊化する前の段階の集団という可能性もりそうです。

■北方適応形質を獲得したのはいつか?
このことについて、まず、現在分かってることをいくつか取り出してみましょう。
◆一万年以上前のホモ・サピエンス化石を調べても、特殊化した北方モンゴロイドの形態を示すものは見当たらない。1万年ごろから始まる新石器時代には、北方モンゴロイドの典型的特徴がシベリア各地に出現している。
◆3.3~2.7万年前ごろ、アジアからシベリアを経由してアメリカ大陸に渡ったアメリカ先住民も、北方モンゴロイドのような特殊化を示さない。
とすれば、いわゆる北方的形質の獲得は北アジアへの移住の初期に起こったものではなく、もっとかなり新しく、新モンゴロイド以降(1万年前ごろ以降)いうことになりそうです。
このことは、中国北部で北方的形質の形成が確認されるのは8千年前以降の人骨であるとされる事実とも合致します。おそらく、北方的形質の獲得以降、新モンゴロイド集団の南方への拡大があったのでしょう。
■なぜ、北方適応形質を獲得したのか?(獲得する必要があったのか?)
しかし、それでは温暖化してから獲得した傾向ということになり、果たして北方(寒冷地)適応の結果といっていいのか?という疑問がでてきます。
新モンゴロイドが平坦顔、ずんぐりむっくり体型なのは一般には寒冷地への適応とされるますが、カナダのインディアンやエスキモーなど(古モンゴロイド)は、非常に寒いにも関わらずそのような体型ではありません。とすれば、新モンゴロイドの北方(寒冷地)適応の結果とされる「ずんぐりむっくり体型」は、別の機能があるのではないでしょうか?
そこで、この時期、乾燥したモンゴル高原で牧畜を開始した新モンゴロイドが家畜に起因するウィルスに対抗するために体温維持するべく獲得した形質ではないか?という仮説が、なんで屋劇場で話し合われました。
バイカル湖付近と同緯度の北米の気候の決定的な違いは、冬季の【乾燥】にあります。「冷帯冬季少雨気候」と呼ばれる冬に非常に乾燥する気候で、東西に長いユーラシア大陸の東部に特有の気候です。
一方の北米大陸の高緯度は、日本の南を通過した暖流が太平洋を渡って到達するので、湿潤とは言わないものの、非常に乾燥することはありません。
[12]
 亜寒帯冬季少雨気候の世界的な分布 (Wikipedia(亜寒帯冬季少雨気候 [13])より)
新モンゴロイドは、この乾燥した地域(モンゴル高原等)で生き延びるために牧畜、遊牧を開始します。それにより食料を確保すことは出来ましたが、同時に、【家畜に起因するウィルス】に対抗する必要にも迫られることになります。
人に感染するウィルスは動物由来です。世界的に大流行した豚インフルエンザ、HIVによるエイズ、SARSウイルスによる重症急性呼吸器症候群(SARS)、そしてH5N1型ウィルスによる鳥インフルエンザなど、これら人類の脅威となる疾病を引き起こすのは、すべてが他動物由来のウィルスなのです。
狩猟採取時代の人類が接触する動物は野生動物だけだったので、ウィルスが感染する機会は限られていたが、牧畜、遊牧が始まり、動物と濃厚・密接に接触するようになり、ウィルス感染可能性は格段に増加しました。実は、牧畜や遊牧という生産様式は、危険の高い生産様式だったのです。そこで、その対抗手段として獲得したのが、【免疫機能活性の上昇】だったのではないでしょうか。
ところが、北方(寒冷地)に移動した新モンゴロイドにとって、それだけでは十分ではなかったのです。なにしろ【寒さ】はせっかく高めた免疫機能活性を低下させてしまいます(体温が1度下がると免疫力が37%下がるらしい)。そこで、【体温保持の必要】から、身体の表面積が少ない「体型はズングリ・ムックリ、顔は扁平」となり、それにより体熱の損失を減らし、命綱の免疫機能の活性を担保したのではないでしょうか。
これは身体的形質の変化とは直接関係しませんが、遊牧は集団統合様式にも変化をもたらしました。南方から北方に移動した最初は、南方の狩猟・採集民族同様、母系集団だったと考えられますが、遊牧開始とともに、次第に、闘争性が高い遊牧父系集団へと変化していったものと思われます。(「モンゴル起源神話研究1~母系の半猟・半牧民族から父系の遊牧民族」(リンク [14])を参照)
%E5%86%AC%E3%81%AE%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E8%8D%89%E5%8E%9F.jpg [15]
 冬のモンゴル高原 (写真はコチラ [16]から)
このように、この時代・地域特有の【寒冷】、【乾燥】、牧畜・遊牧に端を発する【家畜に起因するウィルス】という3重の逆境の中で、【免疫機能活性の上昇】⇒【体温保持】に可能性収束し獲得したのが、「体型はズングリ・ムックリ、顔は扁平」だったのかも知れません。
 これは、かなり可能性がある仮設だと想うのですが、残念ならまだ決め手に欠けるようです。その他にも、食生活の変化による変化ではないかとする仮説も考えられます。’10年末なんで屋劇場では、いずれも決め手に欠けるため、この点は継続追求課題となっっています。今後の追求で解明したいですね。
次回のシリーズ「モンゴロイドの歴史」は、新モンゴロイドが主役の『中国文明の起源』に進みます。乞うご期待!
本日、参考にしてのは次の記事です。いつも、ありがとうございます!
 『’10年末なんで屋劇場レポート6~モンゴロイドの歴史を巡る残課題』 [17]
 『乾燥による粘膜(ウィルス防御壁)の機能低下⇒体内免疫機能を強化(≒新モンゴロイド)ではないか?』 [18]


Article printed from 共同体社会と人類婚姻史: http://bbs.jinruisi.net/blog

URL to article: http://bbs.jinruisi.net/blog/2011/06/997.html

URLs in this post:

[1] 1.人類史を追求する意義と視点: http://bbs.jinruisi.net/blog/2011/04/000983.html

[2] 2.人類の出アフリカとモンゴロイドの誕生: http://bbs.jinruisi.net/blog/2011/05/000987.html

[3] 3.原モンゴロイドの北上: http://bbs.jinruisi.net/blog/2011/05/000988.html

[4] 4.南方モンゴロイドの拡散: http://bbs.jinruisi.net/blog/2011/05/000990.html

[5] 5.新しい北方適応モンゴロイド=新モンゴロイドの登場: http://bbs.jinruisi.net/blog/2011/05/000994.html

[6] Image: http://bbs.jinruisi.net/blog/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%E3%81%AE%E7%A7%BB%E5%8B%95-61.html

[7] 「なんで屋劇場」: http://www.rui.jp/ruinet.html?i=600&c=200

[8] Image: http://bbs.jinruisi.net/blog" target=

[9] モンゴロイド: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89

[10] Image: http://bbs.jinruisi.net/blog/%E5%8D%97%E5%8C%97%E9%A1%94%E3%81%AE%E6%AF%94%E8%BC%83.html

[11] コチラ: http://www.ghibli-fc.net/rabo/monoke_yo/yomitoku08.html

[12] Image: http://bbs.jinruisi.net/blog/%E4%BA%9C%E5%AF%92%E5%B8%AF%E5%86%AC%E5%AD%A3%E5%B0%91%E9%9B%A8%E6%B0%97%E5%80%99%EF%BC%88Dw%EF%BC%89%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%88%86%E5%B8%83.html

[13] 亜寒帯冬季少雨気候: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%9C%E5%AF%92%E5%B8%AF%E5%86%AC%E5%AD%A3%E5%B0%91%E9%9B%A8%E6%B0%97%E5%80%99

[14] リンク: http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=138624

[15] Image: http://bbs.jinruisi.net/blog/%E5%86%AC%E3%81%AE%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E8%8D%89%E5%8E%9F.jpg

[16] コチラ: http://www.zoomin.co.jp/patbank/rensai/motoyama.html

[17] 『’10年末なんで屋劇場レポート6~モンゴロイドの歴史を巡る残課題』: http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=243372

[18] 『乾燥による粘膜(ウィルス防御壁)の機能低下⇒体内免疫機能を強化(≒新モンゴロイド)ではないか?』: http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=242745

Copyright © 2013 共同体社会と人類婚姻史. All rights reserved.