RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2012年6月22日

2012年06月22日

【世界の神話から見える男女の性】-7~「北欧神話」=外敵圧力を受け続けた民族の戒めの神話~

【世界の神話から見える男女の性】第7回目の今回は北欧神話です。
          %E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3.jpg
         オーディン(北欧を探してよりお借りしました)
北欧神話とは、キリスト教化する以前のゲルマン人が持っていた神話のうち、特にノルウェー、スウェーデン、デンマーク、アイスランド、及びフェロー諸島に伝わっていたものの総称です。(wikipedia
北欧以外の「陸のゲルマン人」たちは、早くからキリスト教化されたため、民族独自の神話や思想を示すものが残っていません。そのため「島のゲルマン人」達の北欧神話には、キリスト教化する以前の西欧人の心性、精神の源、伝統を見ることが出来るという意味において、非常に貴重な神話だといえます。
その内容は神々の物語、英雄伝説、箴言(しんげん=戒めの言葉)集で、主要には滅亡をテーマとしており、例えば自らの略奪闘争の歴史を正当化し、神々の優位性を語るギリシャ神話とは大きく異なります。
まずは北欧神話の中心民族であるゲルマン民族の歴史を押さえながら、神話の内容=民族の精神の源流に迫ってみたいと思います。

(さらに…)

>