RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2021年09月16日

哺乳類の群れは、他の生物よりの群れよりも何故高度に進化したのか?

 

トガリネズミ

(トガリネズミ 写真はこちらからお借りしました)

初期の哺乳類は、土中や落葉の下に隠れ住んでいた原モグラ。現存生物ではトガリネズミが近い種です。この原モグラが木に登り、新たな樹上世界を手に入れたのが原猿です。私たちの遠い祖先である原猿の集団構造や関係世界を解き明かすことは、人類のあるべき集団の在り方を見つけるうえで、とても大切です。

前回の記事に引き続き、今回は原猿の進化を記事にする予定でしたが、その進化を明らかにするためにも、その土台となる哺乳類の集団構造を先に扱います。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2021年09月14日

原猿時代の同類闘争における不全感は、弱メスの方が大きかった?

前回の記事で扱ったように、雌の生殖期間においては雄の縄張り内で守られていた原モグラの雌雄関係も、生殖期間以外では雌の発情物質が低下し、雌雄も縄張り争い(エサの奪い合い)をしていたのでは?という仮説が出てきた。

 

この雌雄関係は、樹上逃避機能を獲得し、生息域を樹上に移した原猿も同様だったと想定できる。
外敵が殆どおらず、果実や昆虫、木の葉、樹脂などのエサが豊富な樹上世界で、原猿たちはたちまち森林を埋め尽くすまで繁殖していく。
同類の原猿同士がひしめき合い、縄張り空間を侵犯し合う状態が登場し、弱者たちはどうしたか。

これまで議論されてきた仮説では、首雄に追い出された弱オスたちが各縄張りの境界線上にたむろし、絶えざる縄張り侵犯による過剰な緊張や怯えや飢えの苦痛など、全ゆる不全感に恒常的に苦しめられることになる、とある。
(実現論前史 サル時代の同類闘争と共認機能http://www.rui.jp/ruinet.html?i=100&c=1&t=4

しかし、縄張り闘争を第一義課題とする闘争集団を形成する前の原猿においては、メスたちも弱オス同様(体格がオスよりも劣る分、より一層)、雄の縄張り下で守られる生殖期間の以外はエサの確保に苦労し、かつ外敵不在で死なずにいる恒常的な不全感は高かったのではないか。とすると、同類闘争発の恒常的な不全は、まずメスから登場したのではないかと考えられる。

 

では、カタワの弱メスたちはどのようにしてこの不全感を突破したのか?
雌の適応戦略を紐解く上で、まずは原猿の生殖期間に注目してみたい。

原猿類の生殖期間

原猿類の生殖期間(クリックで拡大)

 

原モグラ(カルポレステスなど)の繁殖性に関わる情報は見つかっていないが、例えば土中に隠れ棲んでいた環境や体型が近いヨーロッパモグラでの研究例によると、年に一度発情期が訪れ、土中に育児室を作って5~6週間の妊娠期間がある。一度の出産数は2~6頭程度で、親離れまでの期間は約40日程度という。
それに対して、上表にあるように、原猿類の場合は雌の授乳期間・子育て期間は長期化しており、例えば比較的子育て期間が短めなスローロリスでも、授乳期間6か月、性成熟期間が9~10か月程度。
インドリ(キツネザル)にもなると、授乳期間6か月は変わらないものの、メスの性成熟は7~9年かかる(親離れは2~3年程)。

この生殖期間の変化が、どう弱メスたちの不全感の捨揚に関係しているのか、次回の記事ではそこに焦点を当てたい。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2021年09月10日

初期哺乳類の雌雄、生殖期間以外は敵

現在の家庭は、離婚や非婚者の増大、虐待やDV、子供たちの活力の低下など、うまくいっていない現象が増えています。どうしたらいいのでしょうか。答えを見出すには、その核をなしている男女の関係、婚姻のあり方を考えていく必要があります。

人類の男女関係の本質を解明するためには、少なくとも初期哺乳類(原モグラ)の雌雄関係にさかのぼる必要があります。なぜなら、胎内保育という機能の獲得により雌雄関係が劇的に変化したからです。

img_723844fbb752de8957bcebb9108ac62c13521
  初期哺乳類エオマイア

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2021年09月07日

婚姻史を追求する基本スタンス

前回の「婚姻史を追求する理由」にもあるように、社会は全面閉塞に陥り人類滅亡の危機を皆が感じてきています。もはや自分だけの課題ではなく、みんなに共通の普遍的な課題です。また、表現することで飯を喰っている学者のように古い価値観や常識にとらわれる必要もないですし、学会で発表するような個別事象の解明が目的ではありません。

婚姻史を追求する目的は、人類の滅亡構造を抜け出し、これからの男女関係、婚姻形態を見出すことです。解明すべきは外圧に対する生殖と生産の適応戦略であり、その関係構造。ここに照準を絞っていきたいと思います。サルや部族の個別性に着目しても、そこから現代の新たな男女関係や婚姻のあり方の探索にはつながりません。

そこで、婚姻史を追求するにあたり以下の基本スタンスで取り組みたいと考えています。類グループにおける婚姻史の追求は約30年前に遡りますが、過去の議事録要約から引用して紹介します。

婚姻史

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2021年09月02日

婚姻史を追求する理由とは

 

縄文の婚姻

このブログでは、これまで日本や世界の歴史を遡り、村落共同体を初め様々な部族の集団・婚姻形態や、男女の性関係などを追求してきました。

何故このような追求をしてきたか。

その動機は、このままでは人類が滅亡してしまうのではないか、という危機感が根本にあります。

 

現代社会は様々な問題を抱えていますが、精神破壊、肉体破壊、環境破壊と大きく括ることができます。これら諸問題は、直接的には家庭環境や学校教育、企業活動、市場経済などに起因しており、夫々がこれまで様々な政策や取組みを行っています。が一向に解決しない、むしろ破壊は進行中という現実を見ると、根本的には家族や学校、企業、市場の存在構造そのものの問題として捉える必要があるのではないかという思いがあります。

 

現在の家族、学校、企業、市場などあらゆる集団の存在を規定しているものは何か。それは婚姻制度であり、さらにその制度を規定しているのは男女の性関係です。そしてその婚姻や性関係をさらに規定しているのは、外圧に対する生殖(子育て)と闘争(生産)の適応戦略です。

 

この次元で、現代の様々な問題の根本的な突破口はどこにあるのかを見つける。それがこのブログで追求している理由です。

 

人類の婚姻史を追求し、男女の性関係や、生殖と生産の適応戦略の実現構造を掴む。それを現代固有の時代状況に重ねて、新たな男女の関係、子育てや生産の在り方、婚姻の在り方を模索し、現代の諸問題を突破する大きな道筋を見つけていく。そんなことを考えています。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2021年08月26日

これからの集団の可能性~動物から学ぶ母系社会の共通構造~

前回の記事にて、母系社会は、大昔の人類にとって当たり前であったとお伝えしました。
が、実は自然の摂理を遡ってみると、動物の世界自体が【メスを中心に構成されている】という事実が見えてきます。

静岡市立日本平動物園のニュースペーパー”でっきぶらし”より」
より
メスとオスの差異がある生物ならば、まず例外なく、判りやすくいえば群れをつくる性質をもつ生き物は皆、ゾウもキリンもライオンもハチやアリも女系です。つまり生物とは群れをつくっているものならば女系で、もっとかみ砕いて人間的に表現すれば、事実上群れとはメス達のもので、オスのものではない、といえます。これは、群れをつくる習性をもつ種類の生物だけではなく、普段は単独で行動する生物も同じで、繁殖行動を主にして観れば、オスには繁殖相手を選択する自由?はあっても決定権はなく、メスには繁殖相手となるオスに対して選択権も決定権もあり(つまりメスがオスを選んで繁殖相手を決定しているのです)、だからこそ、色々な種類の生物のオス達は、それこそ必死になって求愛行動と呼ばれるアピール行動をします。アピールをして成功し、メスに選んで貰わなければ、自分の遺伝子が残せないから…繁殖に関する最終決定権が、オスには無くメスの方にあるから…。

また、哺乳類における母系家族のリーダーは、「おばあちゃん」であるという点も発見しました。

認定NPO法人トラ・ゾウ保護基金 ゾウの生態より」
ゾウは群れで暮らす高度に社会的な動物で、寿命は60歳以上です。母系の群れで、メスとその子が単位ですが、おばあさん、出産を終えた娘たち、孫たちという構成がよくみられます。母親、おばあさん、叔母さんはもちろん、5歳以上のメスゾウは皆で子ゾウの面倒を見ます。群のリーダーはおばあさんです。孫たちに危険があるとそのリーダーシップのもと子ゾウは群れで囲み込み、みんなで子ゾウを守ります。オスたちは12~15歳くらいの時期に群れから独立し、同じ年頃のオスゾウどうしで群れることが多いですが、やがて単独で暮らします。

 

平和な母系社会を営むイルカたち その1 より」

多くの海洋生物学者や動物行動学者は、その柔軟な世界の背景に、母系性の社会構造が大きな位置を占めていると考えています。

世界中で研究されているイルカのほとんどは、例外なくアルファーメスのリーダーを持ちます。
すなわち、おばあちゃんイルカです。
ポッド(群れ)で生まれる子供たちはみんな、祖母・母親を中心にお母さんの兄弟すなわち、おばさんやおじさん、いとこたちに囲まれ、大事に育てられます。

大人になっても家族を離れることなく、後から生まれてくる兄弟やいとこのめんどうを見ながら、自分が大人になるための勉強をしていきます。
雄だけでグループを組んだり、ポッドから少し離れて生活する例もありますが、まったく母親やポットから離れることはほとんどなく、しっかり家族を守る役割を持っています。

なかには、暴れん坊イルカもいますが、あくまでも実権がおばあちゃんに握られているため、家族内の平和はしっかり保たれているようです。
しつけはなかなか厳しいながらも、深い母性愛が感じられます。
おばあちゃんの死んだ後は、普通その長女が後を引き継ぎ、かしらとなります。

***

調べていくと他の動物でも同じような特徴が見えてくると思います。
これらの自然の摂理から見えてくる、母系社会の共通構造とは…
★種の存続の中心となる、繁殖行動を安定的に継続するためには、メスが群れて協力しあうこと。
※ちなみに、繁殖行動とは子孫をつくるための行動すべてを指す。具体的には、異性を求め、交尾し、必要に応じて巣を営み、産卵、育児を行うこと。(交尾だけではないんです!)
★メスの群れにおける長は、おばあちゃん。おばあちゃんのもとで、兄弟やいとこの面倒を見ながら大人になる準備をする。
(一般的なサルの場合は、自分が生まれた群れから生涯離れない。血縁の近しいメスたちが常に一体となって動いている。)
★メスの群れの主な課題は、繁殖や子育てなどの安定的な集団づくりなので、争いが少ない。
(逆にいうと、群れに所属しないオスたちは単独で行動しながら、自然外圧や他のオスとの闘いに勝ち、生き延びたオスだけが群れにいるメスと出会うことができる。種の中でも強いものの遺伝子が受け継がれるシステムとなっているんですね!)

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2021年08月26日

先祖への感謝、子孫への期待-4

前回まで展開してきたように、今でも残存する先祖への感謝、子孫への期待という心の在り様。この意識こそが人類の知能進化を推し進めた動因の一つである。

それは、意識の深淵で捉えた、万物は全てつながっている、あるいは全てのものは同じ原理で成り立っているという構造が横たわっており、最先端の量子論と宇宙論という次元でも扱われているように世界の成り立ちをとらえた対象認識なのである。超古代「カタカムナ」という認識はそれを示している。

感覚(欠乏意識)として捉え返すと、それは万物と一体化したい、何よりその充足の原点であると捉えられる。

以下、参考となる記事を紹介したい。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2021年08月19日

先祖への感謝、子孫への期待-3

今回は、子孫への期待に焦点を当ててみたい。

かつて、アジアからアメリカ大陸へ移動したといわれているネイティブアメリカン。彼らの言葉には様々な示唆に富む教えが詰まっている。特に部族としてどう生きるべきかという規範や自然への感謝にあふれる言葉が響く。

日本人にとっても実感しやすいこれらの言葉に耳を傾けることも無駄ではない。そこには、これからの共同体社会の有様が詰まっている。

そんな言葉を紹介したい。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2021年08月15日

性のエネルギーは肉体を超えて通い合う ~縄文時代の性~

世界各地で平和な精神文明を打ち消すかのように始まった物質文明の社会では、ひと握りの権力者が、その他大勢の庶民を意のままに支配するため、強力な仕掛け必要になりました。その一つが、私たちの命の働きとして、自然に湧いてくる性の欲求や感覚に対して「罪悪感」を持たせることだったのです。

それを最初に始めたのが、多くの信者を集める組織と化した宗教の世界。「入信して祈らないと神様や天使とつながれない」と信じ込ませるために、一人ひとりが自由に高い次元の世界につながる道をふさぐ必要があったわけです。そこでこんな教えが作り出されました。「セックスはあくまで子供を作る目的のためにするもであって、それ以外の性の欲望は、人格を低次元に堕落させる罪深いものである」と。

しかし、人間のセックスは、子づくりのためだけにするものではありません。パートナーと生命エネルギーを交流させて分かち合う、「全身全霊の栄養チャージ」ともいえる営みなのです。だからこそ人間の性衝動は、繁殖期が決まっている動物たちとは違って、季節を問わずに一年中湧いてくるのです。そんな日常的な欲求に対して「罪の意識」を背負わされることで、人類はどれだけ自己評価が低くなってしまったことか。

以下、夏目祭子・著『あなたが目覚める愛と性のギフト』より引用します。

◆縄文時代の性

性が抑圧される以前の人類にとっては、性のエネルギーの上昇は、ごく自然な現象だったはず。つまり生殖器が刺激をうけてウズウズとエネルギーが高まると、それはすみやかに胸までこみ上げてハートを開き、相手のすべてを受け入れる真心となって、周りに美しいエネルギーを放っていく。さらに頭まで上昇すれば、大空や宇宙の星々ともつながるような、スケールの大きな至福を体験できたということ。それこそ性と愛と命の働きが、バラバラではなく、ひとつながりだったのではないでしょうか。

下半身をウズウズさせる性エネルギーが体内を昇り始めると、それは小さならせん形をくるくる描きながら、まさしく蛇が立上るような動きで昇っていくのがわかります。それが全身を貫いて脳まで上昇すると、私たちは日常意識を超えた「変性意識(トランス)状態」を体験するわけです。それは別の言葉で表現すれば、恍惚感、エクスタシーということ。その時、私たちの脳内には、快感ホルモンが何種類も生み出されていて、これが私たちの心の幸福感を高め、体の健康度も増してくれるのです。

おそらく縄文人が、そんな幸福なエクスタシーを日々味わっていただろうことは、彼らが作った土器や土偶のデザインを見れば想像がつきます。土器の表面をびっしり埋めつくす力強い渦巻模様や、繰り返し登場するとぐろを巻いた蛇、燃えさかる炎のようなエネルギッシュな縁飾り。これらはみな、彼らが自分たちの体内にも、自然界にも存在する、うねるように躍動する生命エネルギーの様子を表現したものであり、それを彼らがありありと体感していたことの証のように思えるのです。

火炎土器・土偶

きっと縄文の女性たちは、素足で大地を踏みしめて歩く時、大地から湧いてくる力強いエネルギーを、足裏や膣から吸収して、それが体内を上昇していくことで生まれる、うっとりとした至福感を全身で味わえていたのではないかと思います。
きっと動物の中で、人間だけが背骨を縦にして立ち上がる生きものとなった意義は、ここにあるのでしょう。人間は、背骨に沿って体を貫く「性のエネルギーの上昇通路」を通して、空と大地のエネルギーをつなぐ働きをしているのだ、と私は考えています。それはちょうど、樹木が地中に張りめぐらした根っこ通じて大地のエネルギーを吸い上げながら、空に張り伸ばした枝や葉っぱを通じて太陽のエネルギーを吸い込むことによって、空と大地のエネルギーをつないで循環させる働きを受け持っているのに似ています。
私たち人間は、「樹木の動物バーション」ともいえるのです。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List   

2021年08月11日

先祖への感謝、子孫への期待 -2

引き続き、共同体社会の再生にとって重要な意識と捉えて展開したい。 過去、このブログで掲載された記事でも「祭り」に焦点を当てている。

・「まつり」は本来、目に見えない神や精霊の世界とつながる場だ。 ・ヒトは太古からシャーマニズムの文化を発達させ、変性意識状態になることで目に見えない精霊(スピリット)の世界とのつきあいを保ってきた。 ・シャーマンと呼ばれる人たちは規則的な音や幻覚性植物の力などによってある種の変性意識状態(シャーマン的意識状態とも呼ばれる)に入り、自然界の精霊や祖先の霊などと交流する。 ・太鼓の音やドラッグなどで変性意識に入ることによってその枠組みが 一時的に外れると、日常の世界の思考や行動をまるで違う視点から眺めることができたりする。 太古のヒトにとって、自然界の精霊と交流することは特別なことではなかった。 その入口は、踊りやうたによる「まつり」によって生まれる変性意識状態にあり、現代人は身に付けてきた様々なコトバや枠組みにより、自然界の精霊と交流するような自由な思考を失ってしまった。 現代人も「踊り」によって得られる変性意識状態により、様々な枠組みから自由になれるのだろうか、、、

とある。現代的に捉え返せば、この祭りでの変性意識は、我々が普段封鎖している右脳を開放することではなかろうか。 対象との一体化欠乏が生起することで時空を超えて、思考が無限に広がっていく。逆に言えば、右脳を開放すれば、だれでもシャーマンのように目に見えないものとの交流に達するのではないだろうか?その入口として先祖への感謝、子孫への期待感がある。 現代では、左脳的思考の自分発の屁理屈だけではもはや成果がでない状況にある。これからは、日常のあらゆる活動にとって右脳を開放した思考=対象と一体化したいという欠乏が原点となり思考していくことで共同体社会を創っていく時代となる。そのためには、この祭りにおける意識状態が日常化することが近道なのかもしれない。 そのうえで参考となる記事を紹介したい。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List