RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK

2021年11月18日

人類と類人猿の違い~身体的特徴編~

これまでの記事で、哺乳類・原猿・類人猿(オランウータン)の集団構造・知能発達について扱ってきました。

 

これからは、いよいよヒト(人類)の進化の歴史構造に迫っていきます!

(画像はコチラからお借りしました)

人類の歴史は約700万年前、足の指が先祖返りして樹上に住めなくなった猿人が最初だと考えられています。(諸説あり)

外敵ばかりの地上で生き延びる為に洞窟に隠れ棲み、極限の飢えの苦しみの中でどのようにして生き延び進化してきたのか。

まずは、人類が人類たる所以はどこにあるのか、類人猿との違いから探っていきたいと思います。

 

違いを大きく、①身体的な変化、②技術の獲得(道具の使用・作成)、③言語機能の獲得、④充足行為の発達、⑤集団形態の高度化の5つに分け、それぞれについてこの先の記事で紹介していきます。

 

今回はまず①の身体的な特徴の違いについて扱っていきます。

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2021年11月12日

オランウータンのまとめ ~その特徴はどのように形成されたのか

(写真はこちらからお借りしました)

オランウータンは、歯や骨格からするとチンパンジーよりも人類の祖先に近いと言われています。なにより、チンパンジーより弱い人類が、チンパンジーよりも大きいというのが不自然です。オランウータンが人類の祖先であるなら、その特長の中に、人類が人類になった基盤があるはずです。それが見つかれば、人類を人類たらしめている根源的な特性が明らかになります。本ブログとしては、その中でもオスメスの関係につながる特徴について解明してきました。

前回原猿のオスメスが集団化したところまでをまとめました。

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2021年11月11日

原猿の集団構造の中間まとめ

哺乳類の中間まとめに続き、サル世界の中間まとめです。

ネズミキツネザル(原猿)

現モグラが樹上に逃避し、新たな生存域を獲得したのが原猿以降のサル世界。初期の原猿は現モグラが樹上に逃避したところから始まります。足の指が手の指と同じように木の枝を掴めるように変化したことで、樹上生活が可能になりました。この頃はまだ現モグラ同様に昆虫が主食故で果実や種子も食べますがさほど大型化していません。樹上は土中よりも昆虫不足なので、少子化戦略を取らざるを得ませんでした。(産児数は現モグラ3~7匹に対し、初期原猿は1匹)

 

しかし、原猿のなかでもスローロリスやエリマレムール、インドリなど、後期原猿類は大型化していきます。これらの原猿は、腸内細菌の獲得等により食性が葉っぱや木の実、樹皮を食べられるようになったことが大型化した理由と考えられます。そして、大型化することで天敵である猛禽類(exフクロウ)の脅威も無くなり、樹上には外敵がほぼいなくなります。かつ、葉っぱや木の実を食べられるようになったことで食料が豊富になり、その結果大いに繁殖して、樹上はサル同士がひしめき合う世界になります。

それによって、サルの主要な外圧は、外敵ではなく同じ猿同士が縄張りを争いあう同類圧力が恒常的な圧力となります。

 

これまでの生物界には無い同類圧力に晒された原猿たちがどのようになっていったのでしょうか。

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2021年11月05日

哺乳類の集団構造・知能発達の中間まとめ

写真はこちらからお借りしました

これまで哺乳類からサル、類人猿を追求し、これから人類史の99%を占める極限時代の人類へと追求を進める前に、いったんここで中間整理します。

そもそも何で哺乳類に遡って追求しているのか。それはこれからの人類の集団のあり方を考えたとき、もっとも確かな答えは生物の適応の歴史にあるからです。子育てを最初の開始した生物、それは哺乳類。原始哺乳類の現モグラ、そこからサル、類人猿を経由して人類へ。この進化の過程でどのように集団が形成され進化してきたのか。

その目的、本質を明らかにすることで、生命原理に則った集団の在り方も見えてくるはずです。

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2021年11月03日

『心地よさ』の感度が上がると知能が発達するのはなぜか

(図はこちらからお借りしました)

 

『心地よさ』の肌感覚を発達させると、なぜ知能が発達するのか。

それを解明する前提として「脳が発達するとはどういうことか」を簡単に押さえておきたいと思います。

 

一般的には、脳は、情報を集約して判断し指令するために作られたと言われています。
ただしその本質は、判断を多様に柔軟に組み替えられるところにあります。
コンピューターのように大量の情報を決められた通りに「処理」するだけではなく、状況に応じて(場合によっては極めて低い可能性に賭けて)、どの情報をどれだけどう取り入れどこに繋ぐかを「思考」できるのが、脳が脳たる所以です。
とりわけ、大脳新皮質の形成以降は、その役割がより顕著になってきます。

 

従って、脳が発達するとは、組み替えがより多様に柔軟にできるようになることだと言うことができますが、その組み替えの起点となってくるのが、探索回路です。

探索回路とは、文字通り、対象の正体が分からないときや、判断材料が足りないとき、あるいはそれに対応する行動が見つからないときに、それらを探索しようと作動する回路のこと。

 

そして実は、この「探索回路」と、「皮膚感覚の発達」が、密接に関わってくるのです!!

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2021年10月28日

オランウータンの肌感覚の変容

サルの同一視・共感機能が知能進化につながったことを、前回(リンク)扱いました。オラウータンの性は親和充足を高め合う性であることを、以前(リンク)に扱いました。

 

今回は、サル時代に獲得した同一視の機能が、どのようにオランウータンの親和充足を高める性にまで至るのかを考えてみます。

 

おさらいになりますが、類人猿のなかでもオランウータンの性はヒトに類似しています。チンパンジーやゴリラの交尾時間は数秒~数分と短く、他の哺乳類同様に後背位です。オランウータンだけが25~40分と長い交尾時間であり、正常位です。メスはヒト同様に1ヵ月に1度排卵し、発情期を示す変化はありません。詳しくはこちらを参照ください。

 

まずは写真をごらんください。

 

・雨を嫌がるオラウータン。寝床に雨除けをつくることもあります。

写真はこちらからお借りしました

 

・寝床はフカフカ、毎日ベッドをつくります。

写真はこちらからお借りしました

 

・毛は長いのですが、実は毛がうすいのです。手はもうヒトです。

写真はこちらからお借りしました

 

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2021年10月27日

サル集団と知能進化の関係は?~個体識別から関係識別への大きく変化した~

これまでの記事で、サル以来の知能進化の基盤に”同一視”があったことを扱ってきました。前回記事ではそれをさらに掘り下げ、同一視が知能進化にどうつながったのかを扱いました。

哺乳類時代に得た、皮膚感覚による整合本能(なんだか気持ち悪い、不快だ)を発達させ、相手を同一視できない不全状態においても、充足を求め探索回路が働くようになったということがポイントでしたね。

今回の記事では、サル集団が同一視を基盤にどのように集団化をしていったのかを扱いたいと思います。

 

哺乳類は繁殖期にメスが発情し、そこにオスが集まることで集団化をしていきました。一方、サル集団は繁殖期に関わらず集団をつくっています。性闘争を繰り返していれば、集団はちりぢりになってしまうような気もしますが、サルはどのように集団を形成しているのでしょうか。

サル集団:画像はこちらからお借りしました

 

一点、おさえておく必要があるのは、共認が形成される過程の構造です。

人もサルも、状況を共認し、課題を共認し、役割を共認し、評価を共認することで、同類闘争の課題を乗り越えていきます。

以前の記事で、哺乳類が状況に応じて陣形や戦術を組替え、経験によって塗り重ねていることを扱いましたが、哺乳類が行っている役割分担よりも、共認機能を獲得したことにより、サルの集団形成はもう一段高度になっていると考えられます。

 

あらためて、サル集団に着目すると、集団内では様々な評価があるということが分かります。

No.1、No.2、No.3という序列は力の強さだけでなく、例えばボスザルとしての評価は、メスたちからの評価も関わってきます評価軸は多様になっていき、しかも、その評価は、日々激しく変動しています。

また、哺乳類のように自分対相手の関係把握だけでなく、No.1とNo.2の関係は、No.2とNo.3の関係は、メスとの関係は、というように、自分以外のサル同士の関係も集団の評価につながっていきます。

つまり、哺乳類からサルへの進化に伴い、評価の対象が広がることで、個体識別は関係識別に進化していると言えます。

これらの関係識別が、サルの知能を著しく進化させたと考えられます。

 

それでは、サルからオラウータンにつながっていく過程では、知能はどうなっていったのでしょうか。オラウータンになるとサル時代よりも外圧が下がり、もう少し異なった要因で知能進化をしていったと考えられます。次回は、オランウータンの性充足と知能進化の関係を明らかにしていきたいと思います。

 

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2021年10月22日

仲間との共感機能が知能進化に繋がった仕組みとは

これまでの記事で、「スキンシップによる親和機能を基盤に知能進化させた哺乳類の構造(なぜスキンシップをすると知能が発達するのか)」、更に、「哺乳類からサルへの知能進化(サル以来の知能進化の基盤は ”同一視”)」について扱ってきました。

サル以来の知能進化では、空腹に苛まれ辺境で怯え続けた弱オスたちが、封鎖してきた追従・集団本能を解除することで性闘争本能を抑制。相手の気持ちを掴む(同一視する)ことで、集団を組んで同類闘争するという、高度な知能進化を実現させてきたことがポイントでしたね。

今回は、この「同一視」する機能そのものが、どのように知能進化に繋がっているのか。ここを掘り下げてみたいと思います。

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2021年10月21日

サル以来の知能進化の基盤は ”同一視”

感電した仲間を助けるサルたち

(写真はこちらからお借りしました)

哺乳類からサルになる段階で、さらに飛躍的に知能が進化します。オランウータンや集団をつくるサルを見ていると、他者を助けたり、協力しあったりします。なんでそんなことができるかというと、他者の気持ちがわかる かるからです。言葉のないサルにとっては、相手の微細な表情や行動を探索し、見極める必要があります。それが知能進化を促したと考えられます。その基盤には「同一視」ができるというサル以来の認識機能があると考えられます。それはどのようにしてできるようになったのでしょうか。

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2021年10月14日

なぜスキンシップをすると知能が発達するのか

(写真はこちらからお借りしました)

 

オランウータンの知能は、一般的には人間の4~5歳児くらいと言われています。

よく挙げられる例としては、道具を作ったり使ったりする能力です。傘を使うとか、ハンモックを作るとか、最近ではスマホでお絵描きをするなどもあります。

さらに、道具系だけでなく、オランウータンの特徴として、相手の状況を理解してそれに協力する言動が取れるという面があります。
例えば、川に入った人に手を差し伸べて助けようとしてくれたり、動物園で引っ越しをすることになった際に率先して輸送箱に入って「大丈夫だよ!」と他のオランウータンに伝えてくれたりするのだとか。

そんなオランウータン、『授乳期間の延長で知能が発達』したと以前の記事でも取り上げましたが、加えて『オランウータンの性は、親和充足を高めあう性に変容』したことにより、さらに知能が発達したのではないかと考えられます。

では、そもそもなぜ親和機能が高まると知能が発達するのか?
今日はその構造に迫ってみたいと思います!

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List