RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK

2022年07月21日

人類の外圧構造の変遷① ~哺乳類からオランウータンまで

今回から3回にわたって人類の外圧構造の変遷を見ていきたいと思います。

 

哺乳類から、サル、人類に至るまでに外圧は塗り重なっています。元の圧力は先端圧力に相乗収束しており、先端圧力への対応が元の外圧にも適応できる構造になっています。外圧=内圧ですから、外圧は生きる上での活力源であることも忘れてはいけません。

 

以下に外圧構造の変遷(クリックして拡大)を表にまとめました

今回は、哺乳類(原モグラ)からオランウータンまでを扱います。

 

【原モグラ(哺乳類)】

画像はこちらからお借りしました

現在の哺乳類につながる種は6500万年前に出現しています。特殊寒冷期を土の中で生き延びた原モグラ類が、急速かつ多様な適応放散していきます。胎内保育や母乳での子育てが特徴で一体化の基盤はありますが、成体での淘汰圧力を強化するために極端に性闘争本能を強化しています。先端圧力は自然外圧・外敵圧力です。

 

【原猿】

画像はこちらからお借りしました

原モグラ類から樹上に逃避し適応したのが原猿です。拇指対向性と立体視を獲得により原猿と定義されます。原猿にとって外敵のいない樹上は楽園であり、食料限界まで繁殖していきます。絶えざる縄張り侵犯が常態化、弱オスは恒常的な飢えと怯えから、無限苦行に陥り本能が混濁。状況と欠乏の同一視から共感回路を形成します。これがサル、人類がもつ共認機能の原回路です。先端圧力は縄張り確保のための同類圧力です。

 

【真猿】

画像はこちらからお借りしました

真猿の定義としては、オス同士の闘争共認の成立、集団化です。課題、役割、規範を共認する共認統合による集団が形成されています。集団化により異種のサル間での種間闘争が激化し大型化してきます。地上に逃避したパタスモンキーやヒヒ、北方に逃避したニホンザル、樹冠に逃避したテナガザルなど。内雌外雄の闘争集団を形成しており、メスは役割不全から性機能に収束しています。特徴としては、顔に毛がない、毛繕いをする、授乳期間や子育て期間が延長されています。先端圧力は縄張り確保のための同類圧力です。

 

【オランウータン(類人猿)】

画像はこちらからお借りしました

樹冠に逃避したテナガザルは体性感覚の必要性から後天的に脳回路を形成していきます。さらに授乳期間を延長させ、親和回路・共認回路が発達していきます。メスは性収束し年中発情が可能となっています。知能獲得に加え大型化することで、森林中央部を占拠する複雄ザル(真猿)を寄せ付けない制覇種へと進化し、ユーラシア全域に類人猿は拡散していきます。

 

そのなかでもテナガザルから派生したと考えられるオランウータンと人類の類似性は際立っています。人類との類似点が28(ゴリラ7、チンパンジー2)と圧倒的に多いほか、人類と同様に繁殖を超えた性を行っています。オランウータンの長時間(40分)の交尾は、わずか数秒のチンパンジーやゴリラとは全く異なります。原猿のペニスにはトゲがある複雑な形状ですが、真猿類になるにつれて形状が単純になり、オランウータンではほとんど人類と同じトゲのない滑らかな形状になっています。これは飢餓の圧力に対して相互にエネルギーを与え合う一体充足の性を行っていると考えられます。この一体化欠乏は同類のみならず自然対象にもむけられており、強い好奇心や未知へ収束は観念の原回路と考えられます。先端圧力は同類との一体化の追求圧力です。

 

次回は、足が先祖返りして樹上機能を失った始原人類(猿人)から見ていきます。

お楽しみに。

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2022年07月17日

万物との一体化回路によって道具はどのように変化してきたのか?②

画像はこちらからお借りしました。

 

前回の記事:万物との一体化回路によって道具はどのように変化してきたのか①

「万物との一体化⇒本質追求」により万物の性質を見出すことで、打製石器の用途・形状を発展を遂げた人類。

今回の記事は磨製石器の内容に照準を絞り、万物との一体回路によって道具の発達がどのように関係していったのかを追求してみたいと思います。

 

6万5千年前に磨製石器が登場しています。この磨製石器は装身具として利用され、その後、勾玉や翡翠、黒曜石へとつながっていきます。

剥片石器までの流れから磨製石器が登場したことは、何を意味しているのでしょうか?

 

装身具は現在でも残る原始部族や文献によると祭祀で利用され、精霊との交信のための道具となっています。

つまり磨製石器の登場とは、人類が万物の背後に精霊を措定するに至ったことの現れとなります。

 

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2022年07月17日

万物との一体化回路によって道具はどのように変化してきたのか?①

画像はこちらからお借りしました。

 

前回の記事:脳の発達が先?道具の発達が先?

前回の記事では、脳の発達するほど道具も発達していったという仮説を記事にしました。

引き続き、万物との一体化回路によって道具はどのように変化してきたのかを深堀していきたいと思います。

 

まずは道具の進化史についておさらいします。

260万年前の最古の石器(礫器)は、自然に粉砕した石とほぼ同じ。類人猿も自然にあるものを道具として使うことがあり、これと似たように人類も、自然にあるものを再現するように石器を作製しています。

 

その後、175万年前にはハンドアックス、ピック、クリーバーといった様々な用途に応じた石器が登場。

140万年前には剥片石器が登場します。このあたりから石器作製は石器全体と刃の部分を最初にイメージして作られるようになり、石の性質を捉えて石器を作製していると考えられます。

 

万物に一体化し、本質を抽出する能力が上昇するほど道具が発達してきましたが、さらに深めて追求したいと思います。

 

用途に応じて種類が増えているのはなぜなのか?

刃がどんどん鋭利になっているのはなぜなのか?

また、上記のように道具が発達したのは、機能性を追求した結果で生まれたものなのでしょうか?

 

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2022年07月08日

脳の発達が先? 道具の発達が先?

画像はこちらからお借りしました。

前回の記事:人類の脳の進化は何故起きたか 2

前回の記事では、脳は本能・共認と、万物との一体回路とを統合するために進化していったという仮説を記事にしました。ただしこの仮説は一般的ではありません。

教科書的に言えば、「人類は複雑な道具をつくることで手先が器用になり脳の発達を促した」とあります。だから、時代も石器の発達で区分して、旧石器時代、新石器時代・・としていますね。これは本当なのでしょうか?

 

道具が発達することで、脳が発達したのか?

脳が発達することで、道具が発達できたのか?

はたまた、どちらも言えるのでしょうか?

 

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2022年07月06日

人類の脳進化から見えてくる、仕事に必要な思考方法とは

前回は、人類が知能進化したのは何故かを記事にしました。

人類の脳の進化は何故起きたか 2

 

本能(五感)や共認(相手の欠乏・期待を捉える力)に映る具体対象と、万物との一体回路で捉えた波動(エネルギー)とを統合する必要性が、人類固有の脳の発達を促したのではないか、という仮説です。それが人類固有の観念(ex文様や言葉など)として表出されていったのではないかと。

 

このように書くと難しく聞こえるかもしれませんので、今回の記事では、私たちの身近な仕事場面に照らし合わせて、より具体的にみていきたいと思います。

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2022年07月03日

人類の脳の進化は何故起きたか 2

画像はこちらからお借りしました。

 

原人あたりで飛躍的に脳が大きくなったのは何故なのか?

その時に獲得した「人類固有の知能」とは何なのか?

人類が、道具を発達させた「本能を超えた動機」とは何なのか?

 

これらの疑問を追求するためにも、まず脳とは何か?を少しだけおさらい。

 

脳というと脊索動物あたりから登場したとなりますが、もっと原始的な脳は皮膚にあります。皮膚は様々な情報をキャッチする外識機能を有していると同時に、その外圧に対しどう適応するかという判断機能も有しています。皮膚は第一の脳であり、その皮膚が内側に入った腸は第二の脳、頭にある脳は第三の脳とみるのが、進化史と整合します。この辺りの追求は、傳田光洋氏が熱心ですね。「サバイバルする皮膚」はナカナカ面白いです。

 

頭の脳が大きくなり始めたのは哺乳類からですが、ここにも皮膚の発達が密接に関連しています。初期哺乳類の現モグラから始まり、その後の陸上哺乳類やサル・類人猿に至るまで、母子密着や子ども同士のじゃれ合い、スキンシップ等を通じて、第一の脳である皮膚感覚の受信機能と快・不快の判断機能が発達していきます。この皮膚の判断と、視覚や聴覚等から受信した脳の判断との突き合わせにより、判断の組替え→再統合を脳が担うことになります。つまり、脳とは、最適な行動を導くために、探索し、認識を組み替えることが本質的な役割といえます。

 

で、先の疑問に戻ります。

人類は何故、脳が発達したのか。

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2022年07月03日

人類の脳の進化は何故起きたか 1

 

画像はこちらからお借りしました

 

人類の脳は、謎が多いですよね。例えば、

何故左右で機能分化が生じているのか。

何故脳梁が太くなり、かつ女性の方が太いのか。

そもそも何で人類の脳はここまで大きくなったのか。

どれも未だにハッキリとした答えがない、追求テーマです。

 

前回の記事では、何故左右で機能分化が生じているのか、に繋がる仮説を記事にしました。

万物と一体化し波動(エネルギー)を感じ取れるようになったことが、左右の脳の機能分化を生み出したのではないかという仮説です。

詳しくは、万物との一体充足回路を基盤とした脳の発達①

 

今回は、脳の発達について考えてみたいと思います。

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2022年06月26日

万物との一体充足回路を基盤とした脳の発達②

(画像はこちらからお借りしました)

 

万物・自然との一体化を左脳に置き、その上部に観念回路を形成し、本質を抽出することで脳容量を発達させてきた初期人類。

 

過去に本ブログで紹介した、脳卒中を経験し左脳に機能障害を起こしたテイラー博士についても、あらゆる対象と一体化し、一体充足で充たされた至福の境地へと向かっています。

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2022年06月26日

万物との一体充足回路を基盤とした脳の発達①

(画像はこちらからお借りしました)

 

一体化した万物の存在を本能・共認回路でも対象化できるよう、本質を抽象化しようとして生まれた観念機能。この機能形成とともに、人類の脳構造はどのような変化を見せたのでしょうか。

 

人類の脳は、他の生物と比べて左右の脳の機能差が大きいことで知られています。では人類は、いつ・どんな外圧によって脳の機能を左右に分けたのか。このヒントが万物と一体化できるようになった状況にあると本ブログは考えています。

 

最近の記事でも触れたように、万物との一体化回路と本能・共認回路が機能矛盾を起こすと、身体を動かす判断ができない事態に陥ります。

 

その突破口として初期人類は本能・共認機能を右脳側にまとめ、左脳に万物との一体化回路を形成することで、本能・共認回路でも対象(外圧)を捉えられるように左脳側で本質を抽出(意識を統合)しようとしたのではないでしょうか。

 

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List 

2022年06月19日

観念機能はどうしてうまれたのか?②~万物を「超越対象」「畏敬の対象」として措定した

観念機能はどうしてうまれたのか?①~不整合を再度統合するための続きです。

 

「一体充足の回路で万物と一体化すると、本能・共認回路で捉えたものとの不整合だらけ」という意識の分断状態に陥り、そこから再統合するためにどうしたのか?

 

再統合のために、自分の目の前にある対象や現象と、一体回路が掴んだものの背後に、「何か」を措定したのではないでしょうか。

そして、こうやって措定したものが、観念の原型なのではないでしょうか。

 

すでに言葉を獲得している現代人でも、「何かを措定した」という感覚を感じられるものが残っています。

 

それが、日本古代より信仰されてきたアニミズム(精霊信仰)で、精霊信仰とは、自然など万物を「超越対象」「畏敬の対象」として措定することです。

例えば、日本人には「八百万神(やおよろずのかみ)」という感覚が根強くありますが、木や石など自然のあらゆるものに神が宿っているとして、古くから信仰の対象にしてきました。

 

観念機能は、不整合を追求するために生まれた。それも、みんなで考えるために生まれた。そう考えると、捉えたものを表現して共有するための精度や、追求を共有して塗り重ねていくスピードを実現するために、現在のような言語としてどんどん進化していったと想像することもできます。

 

続いて、観念機能の誕生と人類の脳回路や脳容量の関連性や変化などを追求していきたいと思います。

にほんブログ村 歴史ブログへ

▽続きを読む▽

List