RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2021年2月4日

2021年02月04日

助産師・坂本フジヱさん「男と女が同じなら、そらセックスもせん」

95歳まで助産師を続けられた坂本フジヱさん(和歌山県 田辺市)のインタビュー記事を紹介します。
70年を超える助産師人生で、取り上げた赤ちゃんは4000人。著書の『大丈夫やで ~おばあちゃん助産師のお産と育児のはなし~』では、出産や育児のアドバイスをされていましたが、今回紹介する記事では男女の在り方にもふれ、男女同権思想がセックスレスにつながっていることに言及されています。
坂本フジエさん

以下(リンク)より、引用します。

◆赤ちゃんは全部分かってる
動物は生まれたら、すぐに立とうとするでしょう。人間の赤ちゃんは絶対に立たれへん。歩かないということは、何もできないんです。でもそれは、何も分からんと生きているわけじゃない。そのときの感性というものはすごく敏感です。ことに親の考えていることは、もうすぐ分かる。抱いたら肩が凝るとか、子供がはたへ来たら邪魔くさいとか、そんなんも全部。

だからそうじゃなしに「よしよしって何でもあんたのことは受け止めてやるよ」ってせなあかん。ものを言わんから赤ちゃんが何も知らんと思ったら、大間違いや。何でも分かる。そやからもう本当に、大事にかわいいかわいいと、それだけちゃんとするしかないんや。子育ての基本はかわいいと思うことや。

そうやってお母さんが腹をくくったら、大泣きしてる子でも不思議と落ち着くんです。そしたら、もう今、子供も進化してきていますのでね、親のことも子供は分かってくれるんですよ。さっき人間の子は生まれてすぐは立たれへんって言うたけど、このごろ10カ月で歩く子供が多いんです。立って歩きだしたら自立ですよね。

最近は生まれて半年やそこらで勤めに出る方が多いでしょう。私は皆さんに「働いてええで」って言います。でもその代わり「夕方迎えに行った時に、あんたよう遊んでくれたからお母ちゃん本当に仕事できて嬉しい」と、心の底から喜びを伝えてやり、って言うんです。子供からしたらね、大好きなお母ちゃんが喜んでくれることはまたしようって気になりますよ。子供はそうやって進化していってると、認めてええんちゃうかな。

感覚が敏感な0歳児の間に、とにかく徹底して愛情を与えて与えて与え切る。それで育児の50%は終わりです。お母さんと子供との間に、強力な信頼関係ができる。そしたら自己肯定感が磨かれて、お父さんやおじいちゃんおばあちゃんとか、年上の人らと信頼関係を築いていけるようになる。そういう性根はね、その子の一生続くんですよ。

◆女と男は一緒ではない
努力の努は「女のマタの力」と書きますけど、子宮の力は国の礎ですよ。子供が生まれんかったら国は亡びるんですから、いわば最後の砦です。そういう女の股の力がね、全部なくならん間に何とかしてほしいなと思う気持ちがやっぱり私にはあるんです。

近頃は男女平等、平等って言いますけど、女は昔っから特権階級ですよ。神様が子供を産むということを女の人に与えているわけじゃないですか。日本の昔の女性が賢かったのは、自分が上位であるけどそれを表向きは隠していたことです。旦那を立てる。でも実際は自分が上位。そういう家庭が、多くあったんですよ。

でもそれがいつの間にか、仕事の面で「女性が抑圧されている」って世の中がなりました。それで安倍首相なんかもいろんな政策をやっとるんでしょうけど「女性が安心して働けるように」っていう感じのものが多い。でもそれは自己中心主義の気持ちを、助長させるような政策に思えるんです。

男女雇用機会均等法ができて以降、家庭でも会社でも、女性と男性が同じような役割を果たすべきという考えが当たり前になりました。でも私はこれには断固反対です。男性と女性は本来、全く違うんです。同じようにしたら歪みが出てくるんは当たり前です。セックスレスの夫婦は最近ほんとに多くて、深刻な問題やなぁと思うんですが、男と女がおんなじようになってきたら、セックスせん人が増えるんは分かる気もします。

>    

2021年02月04日

支配から自主管理へ-3

引き続き、脱支配構造にむけて、自主管理について探りたい。

現代のように単一集団を超えた社会次元でとらえたときに、支配構造ではない統合様式が求められる。自主管理とはいえ、その集団では捉えられない課題があり、人類社会として統合されなければならい。いわゆる秩序を維持することは生命原理に照らしても存亡にかかわる根源的な原理といえる。

これまでのように理不尽な課題の押し付けやもたれかかりは自主管理の構造にはそぐわない。基本は自らの生きる場を自らが創るというスタンスに立ちつつ、集団を超えた課題の分担として統合機構をどうつくるのかが課題である。それは専任化した特建存在ではなく、どの集団も参加すべきインフラとしてあるべきだろう。

そして重要なのは、利権に基づいた判断ではなく、だれもが納得できる事実に基づいた判断に貫かれた統合機構であることだ。そのヒントとなる記事を紹介したい。

(さらに…)

>