RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2011年09月22日

新シリーズ【日本の婚姻史に学ぶ、共同体のカタチ】~プロローグ~

20100109-107.jpg
はじめまして :D
新シリーズ【男女関係の行き詰まりと可能性】のプロローグが始まりましたが、もう1つの新シリーズ【日本の婚姻史に学ぶ、共同体のカタチ】も始めていきたいと思います
そもそも、何故これからこのシリーズに取り組むか。
結論から先に言うと、それはタイトルにもあるように、『これからの共同体社会の具体的なカタチを見つけていくため』です☆
                 ★  ☆  ★
現在は、経済問題にしろ環境問題にしろ、社会は閉塞状況にあります。
例えば現在の世界経済は国債の発行を主力エンジンとして回っていますが、国債はいつ暴落してもおかしくない状態にあり、先進国をはじめ世界各国は市場崩壊の危機に陥っている状況です。
また、市場経済の発展に伴って発生した大量の人工物質は、自然の循環系を破壊するとともに、人類の肉体をも破壊しています。例えば、ガンの急増は体内に摂取された人工物質による突然変異である疑いがあります。
現在の近代社会(=市場社会)は、民主主義や市場主義などの近代思想に導かれて発展してきましたが、この全面閉塞が物語っているのは、近代思想が根本的に誤っていたということでしょう。つまり、近代思想に変わる新たな認識・新理論を作っていくことが、現在求められています。
その一方で現在の企業を見てみると、現実の課題を突破するために、また社内の活力を上昇させる為に、共同体的な取り組みを導入している企業が増えてきている潮流もあります。詳しくは、【ブログ:共同体の時代】を御覧ください♪
これらの企業は、現実を突破するために近代思想に捉われず、柔軟に新しい認識を作りだし実践している企業群と言えるでしょう。
つまり、現在の社会閉塞を突破していくためには、これまでの社会運動のように社会そのものを対象化するのではなく、誰もが大半のエネルギーを費やしている現実の職場を共同体化し、それら共同体のネットワークを拡げていくことが、社会を変える確かなアプローチといえるでしょう。そしてそのネットワークの中から、近代思想に変わる新たな認識が生産者自身の手によって生まれてくるのだと思われます。
少し前置きが長くなりましたが、ここからこのシリーズの本題! 日本の婚姻史を追求する意味です。

にほんブログ村 歴史ブログへ


                 ★  ☆  ★
将来このようにして企業の共同体化が進み、新たな生産スタイルが確立していくと、次に登場するのが“家庭はどうする?”“子育てはどうする?”“男女関係はどうする?”という、生殖過程も包摂した生活全般に係る課題が予想されます。
また、市場拡大に伴って職場と家庭は分断され、かつ家庭が不可侵の聖域となったことによって、家庭には何の圧力も働かなくなりました。その結果、家庭は子どもを教育する資質を全面的に失い精神破壊が進行中ですが、この問題は突き詰めると“婚姻制度をどうする?”という根本的な課題に行き着くでしょう。
今では殆どの人が一対婚(一夫一婦)制度の中で生まれ育ち、それが当たり前のようになりましたが、一対婚制度の歴史は実はとても浅いことを皆さんご存知でしょうか。日本の婚姻史を紐解くと、村落共同体での兄妹婚や夜這い婚、貴族・武士階級の婿取り婚など、縄文から江戸時代までの婚姻様式には、現在の一対婚とは違う性・婚姻の姿がありました。
明治以降、西洋からの近代思想により一夫一婦の考えが取り入れられ、戦後の日本国憲法によって現在の一対婚制度は法制化されましたが、庶民の間では1960年代まで夜這いの風習が残っていた地方もあります。つまり、1万6500年前の縄文時代からの日本の歴史でみると、実はほんの50年(0.3%)程度しかないことがわかります。
現在既に、未婚離婚の増加や、セックスレスの増加、家庭内の子育て機能の低下など、一対婚に対する制度離れや問題は顕在化しつつあり、日本人が長く培ってきた性風土とは相容れない制度だったのかもしれません。
このブログでも婚姻史をこれまで追求してきましたが、もう一度日本の婚姻史を再整理することによって、
縄文から近代に至るまで、日本の性≒婚姻の在り様はどのようなものだったのか?
世界と比べて、日本の性≒婚姻の特徴は何なのか?
現代の私たちが学ぶべき内容はどこにあるのか?
などを、今後数回にわたって歴史を遡りながら、追求(勉強)していきたいと思います。
そして最後に、これからの男女の性や婚姻の在り方、次代の共同体のカタチなどを、具体的にかつ大胆に描いてみたいと思います。
題して『日本の婚姻史に学ぶ、共同体のカタチ』シリーズ お楽しみください

1章 一対婚の前には、こんな婚姻があった!
① 夜這い婚って何?
② 夜這い婚ってどんな風にしてたの?
③ 夜這い婚の充足を感じて
④ みんなのヤル気のモト 夜這い婚♪


2章 縄文から脈々と流れる日本の婚姻史
① チャネリングの性と集中婚
② タブーのない兄妹婚
③ 共同体同士をつなぐ交叉婚
④ 貴族の妻問婚、庶民の夜這い婚
⑤ 世界にはない日本の性 その特徴は?


3章 これからのカタチを大胆に提案!
① 一対婚にかわる新たな充足基盤 ☆
② 次代の共同体は、きっとこんなカタチ♪
③ 次代の婚姻、男女関係は、きっとこんなカタチ♪
④ 実現までのロードマップ!

>   List   

trackbacks

trackbackURL:

comments

万物は次の店頭販売後、商品を含むばかりでなく彼は収蔵数年の珍品腕時計、そしてベルギーダイヤモンド、友人の委託販売の翡翠、妻のアクセサリーを買う。

Great nation when there is a great dream, a great dream to lead the great cause. For more than half a century, generations of astronauts worked hard and achieved a series of brilliant performance of the two bombs and one satellite, manned spaceflight, lunar exploration.

したがって、若い王子は、あなたが彼のサーブオウムに尋ね?

Oh my goodness! Impressive article dude! Thank you so much, However I am going through troubles with your RSS. I don’t know the reason why I can’t subscribe to it. Is there anybody having similar RSS problems? Anyone who knows the solution can you kindly respond? Thanx!!|

  • レッドウィング ブーツ 人気
  • 2013年12月10日 19:37

共同体社会と人類婚姻史 | 【共同体の母胎は女性が生み出す充足空間】~2.共認充足が命綱(極限時代)

hermes shop zurich airport 共同体社会と人類婚姻史 | 【共同体の母胎は女性が生み出す充足空間】~2.共認充足が命綱(極限時代)

comment form
comment form
*