RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2017年7月6日

2017年07月06日

奈良・平安~鎌倉・室町時代の商工業の発展過程

『新しい歴史教科書-その嘘の構造と歴史的位置-この教科書から何を学ぶか?』「第2章:中世の日本」批判19を要約しました。

【1】各地に手工業が発展した背景
①各地に職人が生まれたのは中世前期
各地に様々な職人が生まれたのは、中世前期、平安時代末期から鎌倉時代。
さまざまな専門的知識をもとにして様々な工業製品をつくる「職人」はそれまでは朝廷の諸々の役所や寺社に隷属していた。なぜなら朝廷や寺社以外に需要がなかったからである。
しかし各地で農業・商業が発展すると新たな需要が生まれ、朝廷や寺社に隷属していた職人が諸国を経巡って、各地で工業製品を作り、それを市で売買するようになった。
そして最初は地方の有力者のために生産していたのが、次第に発展していった市を基盤に、多くの人々を対象に生産を行うようになったのである。こうして地方にも専門的な「職人」が生まれた。

しかし、職人は平安時代末期や鎌倉時代において、その仕事を安定させるためにも、また各地の市で製品を有利に売りさばくためにも、有力者の庇護を必要とした。彼らは貴族や寺社にその職人として奉仕する見返りとして、諸税の免除や諸国自由通交権などの特権を得た。こうして貴族や寺社の庇護を受けた商工業者を「神人」「寄人」などと呼んだ。同じ時期に武士という階級が荘園や公領の管理者という「職(しき)」を得ることでさまざまな特権を得ていた動きとも対応し、彼ら商工業者の長は武士でもあった。
職人の力が増大し、保護を受けていた寺社・貴族からも半ば独立し、その仕事の独占権を巡って各地に「座」を結成したのは、中世後期・室町時代である。

②手工業の発展の裏には商業の発展がある

各地での市の発展と各地の市を結んで大規模に商品を運送する運送業者の発展と、大規模な商品交換を可能にするための交換手段(=貨幣)の進化が存在した。平安時代末には各地に手工業が生まれ、その製品がかなり遠隔地にまで運ばれていた。その代表的は瀬戸や常滑の陶器である。有名な奥州平泉の館址から瀬戸や常滑で生産された粗製の陶器が大量に出土している。各地での手工業の発展の裏には、外国貿易の発展も寄与している。京都を中心として各地に刀や紙の生産が盛んになったことも、輸出品としての刀や輸出品としての扇の存在がその背景にある。このように諸国にさまざまな手工業が発展したのは、中世後期・室町時代のことである。

【2】商業の発展過程

①平安時代末の商業の発展の様

大和の国でも諸所で市が開かれていた事は古事記や万葉集からもわかる。また、律令国家の租税体系が、調・贄として様々な手工業製品を要求しており、その中には市で米との交換で流通したものもある。平安時代末には各地の国府(近辺)で定期的な市が開かれており、都市といってもよいほどの集落が発展していた。各地の市を貫いた海路と陸路が整備され、そこで
運送業をなりわいとした商人集団も生まれていた。

この市は、神聖な場所、人と神とが交歓できる場に開かれていた。品物にはそれを作った人の魂が込められていると昔の人は観念していた。それを他の人の所有物にするには、その魂を入れ替えねばならない。それは人と神とが交歓できる聖なる場所でのみ可能だとも考えていた。市が開かれる場所が聖なる場所、例えば寺社の門前や交通の要所(川や湖や海と陸路の出会う場所=異界との接点)だったのは、それが理由である。また、斎日という神をまつる日に市が開かれた理由でもある。

奈良時代までには貨幣は全国的に流通した。しかし10世紀ともなると律令国家の統合力は衰え、国家が鋳造した貨幣は使われなくなり米や布が貨幣の役割を果たした。しかし12世紀に、まず東国において宋銭が流通し始め、後には西国にも広がり、鎌倉時代には全国的に流通するようになった。

②鎌倉時代における商業発展の様

斎日に行われていた各地の市も、月に三日の斎日に開かれるようになった(三斎市)。農民も領主も職人も商品を持ちこむようになり、大きな市では、常設の家に住み商業に従事するものも現われた。都市の誕生である。全国的な商業の発展とともに、各地に職人集団が形成され、商業の独占を巡って争いが生じる。寺社や貴族から神人や寄人という商業上の特権を得
ていた集団に対して、全国的な特権を得て商業上の利益を独占しようとした集団がある。後者は、都の役所に役を納めることによて「供御人」という身分を得、それによって各地の神人・寄人を統制しようと画策した。

この時代には金貸し業も誕生していた。彼らの多くは有力な寺社の神人・寄人であり、神に納められた初穂を貸し付ける形で金融業を開始した。さらに、商品の運送を生業とし、かつ年貢の運送を代行する業者が生まれた。土倉・酒屋・問屋や馬借である。

幕府も朝廷も商業を統制し、そこから諸税を得ようとしていた。次第に寺社・貴族、そして幕府の統制から脱して自立してゆく人々を幕府は悪党と呼んで怖れ、これを鎮圧しようとしていた。

③室町時代における商業発展の様

市の開催は月に六度となり六斎市と呼ばれ、どこの市でも町屋に常住して商いを営む商人や職人が現われ、政治的都市以外にも大きな寺社の門前や重要な港などに都市が形成された。これらの都市は、全国的な陸路・海路の輸送とも緊密に結びつき、朝鮮・中国・琉球・蝦夷が島などの外国との貿易を行った。

貨幣では明銭が流通するとともに、これでは不足したために各種の私鋳銭が作られ全国的に流通した。さらに商品取引の活発化を背景とした信用貨幣も登場し、割符や為替と呼ばれて、各地の問屋を経由して貨幣とも交換可能な紙幣も使用されていた。

商業・手工業の民は寺社や貴族から独立する傾向を強め、各地で「座」を形成して、それを保護する寺社・貴族に座銭を払う事で、諸税の免除や諸国往来の自由などの特権を得ようとした。また、守護などの武士の力を背景にして、寺社・貴族などの権威を背景とした座の特権に対抗するものも出てきた。大きな重要な門前町や港町ともなると、市それ自身の神聖さを背景として、寺社や貴族そして諸国守護などの武士の介入も排除た「自治都市」を形成し、「楽市」と称して、諸税の免除や市座の座銭免除などの特権を手工業者や商人に与える所まで出てきたのである。

※その後の織田信長がこれに倣って、新たに作られた城下町に多くの商工業者を集めるための「楽市」を作らせた。

>    

2017年07月06日

輝きを失った近代からの決別~正しい変革は民衆の側から起こさなければならない

東北復興新聞の記事から紹介。(リンク

 

正しい変革は、国家ではなく、住民(民衆)の側から起こさなければならない。そんな歴史的舞台に私たちはいるんだということを、最近、自覚します。だからこそ、その試金石とも言える被災地復興の方向を正さなければならないとも強く思います。

今、大震災で日本の東北沿岸部にぽっかりと空いた創造的スペースが、猛烈な勢いで閉じようとしています。被災地を回っていて、日に日に危機感が強くなります。

震災直後、被災地にはたくさんの「気づき」が生まれ、これまでの価値観や生き方の見直しにもつながっていました。家財すべてを失った被災者の多くが当初、「所有する」ことへのこだわりから解放され、「生きること自体を喜べるようになった」、「ほんとに大事なものが何かわかった」と話していました。モノへの過度な執着心が消え、「命、水、食料、エネルギー、そして人を思いやる心」という当たり前の価値に気づいていました。それまでの価値観が一度ご破算になったからこその「気づき」だったと思います。

奪い合えば足りないものも、分かち合えば余るということも身を持って実感していました。また、いざというときのご近所のつながり、コミュニティーの大切さも身に染みて感じていました。内陸部と沿岸部の連帯、都市と地方の連帯もそう、ふるさとへの帰属意識もそう、郷土芸能の有する魅力もそう、自然への畏敬の念もそう、これら震災後に見直された価値観は、すべての価値をお金に換算し、人間の力で自然をコントロールしようとしてきた近代化の過程で私たちがなくしてきた、犠牲にしてきたものそのものではなかったでしょうか。

日本は震災前から行き詰っていました。その原因を突き詰めれば、この「気づき」なきままに近代化の惰性の回転に身をゆだね続けてきたことにあったような気がしてなりません。経済は本来、私たちが生まれた土地で、豊かに、幸せに生きていくための道具にすぎませんでした。しかし、近代化がその関係を逆転させた。私たちが目にしているのは、経済を守るために犠牲になっている人間の哀れな姿です。

人間から生きる喜びや、働く楽しさ、居場所や出番、役割、ふるさと、文化を奪い去り、人間を経済にひざまずかせている。この根底には、人間の文明を絶対視する発想があります。それこそが近代化の本質だったと考える哲学者の内山節氏は言います。

「この人間の文明を絶対視するところから、現在の経済社会が生まれ、科学の発達至上主義や人間の絶対化が生まれ、結果、貨幣や巨大なシステムが『権力』となり、人間はこれに従属することになってしまった。人間だけを絶対視する文明は、人間をもまた、人間によって生み出された貨幣やシステムの従属的存在に変えてしまった」。

このことは、これまでの日本社会、そして原発事故に翻弄される福島を見れば、一目瞭然です。福島では、ふるさとの主役であるはずの人間が、人間がつくった原発という巨大システムの崩壊ゆえに追い出されようとしています。原発事故がなくても、地方の農山漁村では同じような事態が進行していました。

だからこそ、被災地に生まれた「気づき」から出発しなければならないと私は思うのです。この「気づき」は無意識の内に近代化への疑問を含んでいます。スペースを活かす創造的な復興のあり方とは、この「気づき」を起点とするものでなければならないはずです。では今、このスペースを殺す、このスペースを閉じる圧力となっているのが何なのかと目を凝らすと、またしてもそこに近代の思想があることに気づきます。私たちは近代の思想が持つ危うさに薄々気づきながらも、それにとってかわる思想を持ちえず、結果として、惰性の回転を断ち切れずにいます。

一方、今なお、私たちの社会には、日本の政治、経済、社会システム、文化、生活様式を欧米に近づける、つまり近代化をさらに進めることこそが進歩だという巨大な勢力、思想が存在します(それは私たち一人ひとりの心の中にもある)。それらが、既得権益を守るために、スペースをコントロールしようとしています。その筆頭が、近代化を躍起になって推し進めてきた「国家」です。

日本の近代化とは、民衆思想を国家思想が呑み込む歴史でもありました。江戸時代、村々の人々が持っていたのは、自然と共に、村と共に、土を耕しながら生きてきた人々の精神でした。一方、武士が持っていたのは、古代以来の支配者から受け継いできた国家主義的な精神でした。明治に入り、この武家側の精神と欧米思想が融合する形で展開し、それゆえに儒学の国家論理と欧米的な国民国家の理論が一体になりながら、日本のナショナリズムを形成してきました。

日本の伝統思想はこのように、それぞれの地域の風土と共に暮らしてきた民衆の無事を願う思想と、国を基盤にして発想する思想とが、平行する形で展開してきました。この状況を解消し、国を基盤とする体制にすべてを統合していこうとしたのが日本の近代化であり、明治以降の歴史であったと、内山氏は言います。そうして民衆思想は衰退してきました。

だとすれば、被災地に生まれたスペースに打ち込まなければならないくさび、生み出さなければならない種火は、自然と共に生きた人々の、地域の自治と共に生きた人々の、民衆思想であるべきだと思うのです残念ながら、現在、進められている復興の根底には、近代化を推し進めてきた国家思想が依然として横たわっており、画一的かつ管理型、依存型の復興になってしまっています。地域住民の意思や「気づき」をないがしろにするこのような復興では、早晩スペースは閉じてしまい、元の木阿弥です。

敗戦直後は、親や夫などの家族を失った人々が日本中にあふれていました。家もなくし、職もなくし、何もかも失った人々が、よりよき生活を求めて必死に日本を再建したのです。そこには、あらゆるレベルで信じられないほどの活気あふれる精神があったと言います。その精神を、私たちはその後の繁栄の中で失ってしまいました。そうして今また、私たちは大きな国難に直面することとなったわけですが、戦後復興のときに見られたような活気あふれる精神はそこにありません。なぜでしょうか。

明治以降の近代化の歴史の中で、日本は経済を発展させ、私たちは巨大な消費文明社会の中で暮らしています。しかし、この近代化の先に、幸せな未来があるかと問われれば、多くの人が首を傾げ、戸惑ってしまうのではないでしょうか。むしろこの近代化の過程で発生した多く歪、問題への不安が日に日に増しているのが現状ではないでしょうか。何のために働き、何のために生きているのかが問えないままに、日々の暮らしの中で疲れ果てていく自分。そして、家族や地域、自然とのつながりをなくし、根なし草のように漂流する孤立した個人。

近代化の中でつくり上げてきた社会が明らかに輝きを失う中、私たちは新しい社会を構想、創造できずにいます。戦後のように近代化、経済発展はもはや希望にはなりえません。各地域でつくられた復興計画もそれゆえ輝きを放ちえず、人々の活気あふれる精神を引き出せずにいます。

私たちがこの先、輝きある未来を構想、創造できるとすれば、人間を絶対視する近代の思想と決別したときでしょう。ならば、近代がそうであったように、自然と人間の矛盾(自然は人間にとって恵みを与える一方で、命を脅かす脅威になる)の解消を巨大防潮堤によって目指そうとする社会のあり方に希望を感じることができないのは、自明のことではないでしょうか。

自然と人間の矛盾の解消を目指そうとすると、自然と人間の間に壁ができます。そして、人間と人間の間にも壁ができます。近代化とは、様々な関係性を断ち切り、人間ひとりでも生きれる快適で便利な社会をつくることでした。しかし、快適さや便利さから得られる満足感は一時的なものです。そこに心の安寧、生きがい、自己肯定感がなければ、人間は幸せを感じることができません。

自然と人間の矛盾に向き合い、折り合いをつけながら共存するとき、人間は自然との関係性、他の人間との関係性、そして古の魂との関係性を紡ぎます。人間の知恵が磨かれ、地域の相互扶助が強化され、文化が豊かに育つ。ここに、自分たちが深く根を張って生きることができる場所が創造されていく。このことを日本の民衆の伝統的生き方や精神は教えています。これを今こそ、学び直し、現代に合わせた形で紡ぎ直し、新しい社会を創造していくときです。

その日本の民衆の伝統的生き方や精神の残骸が、被災地となった東北沿岸部にはかろうじて残っていました。それが津波で洗われ、全貌を露わにし、輝きを放っています。表面に近代の砂をかぶり、埋もれていた多くの残骸も、その一部の輪郭を浮き上がらせています。これらを掘り起し、磨き上げ、手がかりとし、新しいまちづくり、社会づくりに挑んでいかなくてはなりません。

世界的にも評価が高い日本のある建築士が言っています。

「今回は津波の被害が大きかったんですが、この震度で波長の短い地震だったら、東京でも木造建築はかなり壊れていたでしょう。絶対に安全というのはない。壊れたからと、より高い防潮堤をつくる考え方は近代主義的で、それをやったら、最後の『道の奥』だった東北が、ミニ東京になってしまう。被災地の街が、近代主義の建築で埋まってしまったら、日本はほとんど終わりだなと思っています」

この建築士は結局、被災地の自治体から拒絶されてしまったようです。その自治体は、住民の意向に耳を傾けず、行政主導の案を押し付ける復興まちづくりを進めています。

なんとかしなければなりません。問題意識を共にする被災者、ボランティア、専門家と新しい旗を立て、立ち上がらなければと思っています。

>