RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2019年4月25日

2019年04月25日

人間とチンパンジーのDNAが99%一致するという定説もウソだった

人類はチンパンジーからと分岐したという定説も怪しい。
この説の根拠として両者のDNAが99%一致するとされているが、この「99%一致」はデータ改竄の産物であることが、『gigazine』2015年07月21日「人間とチンパンジーのDNAは99%一致するというのは本当なのか?」で指摘されている。以下、要約する。
人類とチンパンジーの遺伝情報のうち、比較できない人間の25%とチンパンジーの18%を除いた、57%だけを比較して、人類とチンパンジーのDNAが99%と一致すると、科学者は唱えているということだ。
------------------------------
「人間とチンパンジーではDNAの違いはわずかに1%しかない」という「99%一致説」。しかし、それは間違いであることが指摘されている。
公開動画「Are We Really 99% Chimp?」

実際、人間とチンパンジーでは、DNAの遺伝子情報はかなり違っている。
染色体に至っては、人間23対に対してチンパンジー24対と、本数そのものが違っている。

遺伝子情報を文字に書き起こして比べると、人間にあるがチンパンジーにはない遺伝子情報やその逆もある。
塩基配列のごく一部が違うだけで、ほとんどは同じという場合は、塩基配列のわずかな違いを一つずつ数え上げることができる。
しかし、まったく違う部分が存在する。例えば、人間とチンパンジーとで記述自体は共通しているけれど、人間では2回繰り返す場合がある。
同じパラグラフでも異なる場所に現れている場合や、文字列の順序が反対の場合、文を区切れば一致する場合など、判断が難しい場合がたくさんある。
このように数えるだけでは済まない場合は科学者はどうしたのか?
科学者たちは、大きく異なる部分は切り捨てたのである。切り捨てた文字数は13億文字。そして、残った24億文字だけで比較した結果が「98.77%一致した。つまり、人間の25%のゲノムとチンパンジーの18%のゲノムを無視して、残りの部分だけを比較したのが「人間とチンパンジーのDNA99%一致説」なのである。

もっと根本的な問題として、DNA情報の異なる程度は、単純な文字列の違いでは計れない。わずかなDNA情報の違いで、姿かたちがまったく異なることがあるし、逆にDNA情報がかなり違うのに、ほとんど同じ形の場合もある。つまり、DNAの情報がほとんど同じであることをもって、生物学的に近いとは言えないのである。
--------------------------------------------------------------
chimp_l

実際、人類とチンパンジーの遺伝子は8割以上違うという研究結果さえ発表されている。「遺伝子:チンパンジーとヒト、違い8割以上(毎日新聞)」 ― 研究チーム「違いは想像以上に大きい」【元村有希子】毎日新聞 2004年5月27日 2時00分
人類とチンパンジーの塩基配列の違いは5%だが、その遺伝情報によって作られたタンパク質では83%で違いがあるということだ。以下、要約する。
-------------------------------------------------------------
チンパンジーの22番染色体とヒトの21番染色体を比較した結果が英科学誌ネイチャーに発表された。
ゲノム(全遺伝情報)の暗号文字(塩基配列)の違いは約5%だったが、それを基に作られる遺伝子は8割以上で違いが見つかった。
これまで、ヒトとチンパンジーの塩基配列の違いは1%余りとされていた。
しかし、今回の研究では、両者で塩基の種類が変わっている部分が1.44%あった他、塩基配列が加わったり、逆に欠けている部分が約6万8千カ所も見つかった。合わせた違いは5.3%になる。
また、染色体上の遺伝子231個を比べた結果、192個(全体の83%)で、遺伝子が作り出すたんぱく質に違いがあった。
-----------------------------------------------------------

>