RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2014年08月16日

代々木忠 ~あくなき性の探求~

ビデオカメラを持った白髪の男が、レンズを通して男女の絡みをじっと見つめている。

AV界のカリスマ「ヨヨチュウ」こと代々木忠監督。AV販売本数累計7000万本、監督作品数536本(現在も更新中!)

代々木忠のドキュメンタリー映画『YOYOCHU ~SEXと代々木忠の世界』が、2010年のローマ国際映画祭で上映された。

 

img60688461

代々木の人生はまるで劇画のようだ。

1941年、3歳で母親を亡くし、親戚の家を転々とする。終戦後には自宅が売春宿になり、親の愛を知らずに育つ。中高生で札付きの不良として知られるようになると、警察に目を付けられて大阪に逃亡。生活を改め花屋に住み込みで働き始めると、華道の才能を発揮。師範の資格を取って若手華道家として評価される。23歳で結婚するものの、喧嘩で捕まったことをきっかけに離婚。一時、極道の世界に足を踏み入れた後、愛人3人とともに上京する。

ワールド映画の助監督になると女優の真湖道代と出合い、29歳で2度目の結婚。34歳で監督デビューを果たすが、プロデューサーとして携わった「女高生芸者」がわいせつ図画として摘発される。裁判費用を捻出するため制作会社ワタナベプロを設立し作品を量産。その後タレント事務所を設立し、愛染恭子をデビューさせる。40歳の時に東京地裁で無罪になると、43歳で制作会社アテナ映像を設立。一般家庭にビデオが普及し始めた時期に、愛染を主役にしたビデオ作品『本番生撮り淫欲のうずき』を発売して爆発的ヒットとなる。さらに44歳、『ドキュメント・ザ・オナニー』が、一大センセーションを巻き起こす。

にほんブログ村 歴史ブログへ

代々木忠のインタビュー(リンク) より

— 『オナニー』シリーズは代々木さんの中でとても大きな転機になったんですね。—

オナニー』シリーズは正直に言うと、僕も衝撃を受けたわけですよ。「こんなかわいい子にここまでして欲しくないな」っていうのも半分あるし、でも「なんとしても見たい」という好奇心もあるし。それまでは日活の下請けをやっていたわけですけど、性を扱っていると言いながら僕やライターの一方的な観念、わずかな自分の性体験を元に男の都合で作って来てるわけですよね。でも、「女性のオナニーは撮りたいな」って思った。それは監督仲間とも話してたんですけど、「男と女がセックスするよりも女のオナニーの方がいやらしいよね」って。「絡みよりも何で女のオナニーの方がいやらしいんだろう」って考えた時にそれはきっと女が自ら欲情して自分でやるっていう、そこが男としてはすごくドキドキするというか。その頃はまだふつうの女性は絶対オナニーなんかしないよな」っていう風に思ってましたからね。だから、オナニーを撮った時はその後しばらくは電車に乗っても街を歩いていても、「ああ、この人もオナニーしてるんだ」って思ってました(笑)。

それまでにもオナニーシーンはあったけれど、台本があって女優が演じてたわけですからレールを引いていくわけですよね。レールを引くということは起きてくるであろう真実をある意味、「取り逃がす」っていうことでもあるわけですよ。その辺で自分の中に葛藤があった。でも、『オナニー』シリーズで衝撃を受けたことをきっかけに「性を表現する」作業から「性を探る」という方向に自分の創作活動が変わっていったような気がします。

今思えば、男の一方的な観念で「女はこうなんだ」って決め込んでいたと思うんですけど、それをことごとく覆されて、「参りました」というか。ですから、彼女達がそこまで見せてくれたことに感謝ですよね。そして、彼女達が何故そこまで見せてくれたのかを振り返ってみると、僕が監督という上から目線で命令したんではなくて、むしろ教わるという姿勢があったんだろうと。それは意識して自分が謙虚になったんじゃなくて、『オナニー』シリーズを通して、自分は「性のことを何も知らなかった」と心底感じさせられた、見せ付けられたっていうことが根底にあって、そういう姿勢が彼女達に通じたんだと思うんです。だから、ある意味、「女に育てられた代々木忠」。それはお世辞じゃなくてね。

— 代々木さんの作品は特に女性に観て欲しいと思うのですが、それは出てくる女の子の明け渡してするセックスの気持ちよさみたいなものからさらに超えたところで、その表情や姿を観ていると神々しささえ感じます。

「オーガズムこれ再誕なり」と言ってもいいと思うんですよ。社会に合わせて培ってきた自分というのがありますよね?オーガズムを体験するにはそこが1回死なないといけないわけです。そういう意味では「社会性の死」であり、同時に「本当の自分の再生」でもある。なので、生まれたばかりのような顔にならないとオーガズムとは言えないと僕は思いますね。「オーガズムはまさに生まれ変わり」であると。

で、そこを体験した女性は「あげまん」ですよね。彼女達のような人と一緒になると男はねえ、出世するよねえ(笑)。あげまん女性はすべてを許して包み込んでくれるじゃないですか?どんなものも中和してくれる。そうすると男は社会でまたがんばれます。だから、多くの女性がオナニーの延長線上のようなセックスをしないで、男とちゃんと向き合って心を開いて自分を見せてあげて欲しいですね。そうした時にご褒美がもらえますから。だから大袈裟なことを言うようですけれども、日本に「あげまん」女性が増えると世界も羨む豊かな国になると僕は思ってるんです。昔はきっとそういう、男を育てていくような女性がいっぱいいたんだろうなあって思いますね。

 

>   List   

trackbacks

trackbackURL:

comment form
comment form
*