RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2015年07月28日

江戸時代農村の婚姻(1) 十五で姐やは嫁に行く?

動揺『赤とんぼ』に、「十五で姐やは嫁に行き お里のたよりも絶えはてた」という歌詞があります。
赤とんぼ

晩婚化がいわれて久しい現在ですが、昔の日本(江戸時代くらい)の結婚年齢は何才くらいでだったのか?
『歴史人口学から見た江戸時代農村の結婚』(リンク)から、江戸時代農村の婚姻を紐解きます。

◆西高東低の初婚年齢
日本の農村における十八・十九世紀の平均初婚年齢は男25~28歳の間、女18~24歳の間で、夫婦の年齢差は5~7歳(男が年上であることが多い)。また平均初婚年齢は江戸時代を通じて上昇傾向にあり、時代を下るごとに晩婚化の傾向が強まります。

ただし、平均初婚年齢には地域差があり、東日本ほど早婚傾向が強く、西に行くほど晩婚傾向が強くなります。陸奥国仁井田村(福島県)の平均初婚年齢は男19.6歳、女15.0歳。これに対して美濃国西条村(岐阜県)の平均初婚年齢は男28.8歳、女22.5歳でした。
また平均初婚年齢の階層差も明確で、美濃西条村のデータでは、初婚年齢は地主層が男27.4歳、女21.6歳に対し、小作層は男27.9歳、女24.0歳となります。

江戸時代の結婚は早かったのか遅かったのか、という問いには農民層の場合は上記のように地域差があって、関東・東北は早婚、中部以西は晩婚の傾向が強く、階層差があります。また、出稼ぎ者が大多数を占める都市住民も、経済的状況や一旦故郷に戻る必要性などから晩婚化傾向は農村より強かったと考えられています。なので15~6で嫁入りしていたのは主に東北地方の人々で、西日本の農村の人々は平均22~3で嫁入りし、また出稼ぎ経験者は平均より3~5歳遅かった、となります。

にほんブログ村 歴史ブログへ

◆初婚年齢を規定する要因は何か?

東北地方で早婚傾向が強い理由を端的に言ってしまうと「早く結婚しないといつ死ぬかわからない」から。一八世紀は全地球的に寒冷期に突入しており、日本でも特に東北地方を中心にその被害が大きく度重なる飢饉と疫病、重税による生活苦からの離散、一揆などの社会不安で人口が大きく減少していました。前述の18世紀以降の日本全国の人口停滞期というのは実は西日本の人口増、東日本の人口減という東西格差があり、平均すると横ばいになります。

生き残りが最優先される過酷な生活環境を背景として『成人まで生き延びることが期待される子供の数は三人であり、より具体的には「まず最初に娘、つづいて二人の息子」』で、そのために二番目以降の女子を中心に嬰児殺しが行われていました。このような間引き慣行を止めさせるために、東北各藩で育児手当や出産報奨金の支給など積極的な少子化対策が行われていました。

子殺しを生む心性として、当時の子供観として神とみられていた点があります。「七歳までは神のうち」というように、子どもたちは成長するまでにその多くが死んでしまうはかないものでした。江戸時代を通じて10歳以下の死亡率は4割弱に及びます。ゆえに大事に育てられました。子どもが成長して一人前になるまで数々の通過儀礼を経ます。その通過儀礼が神から人への過程でした。一方で、神であるということはすなわち人ではない、とも言えます。神様にはお帰りいただく場合もあるということです。『まだ一人前の人間になり切っていないのだから、あの世に返してもかまわない、いずれ新しい別の生命になって生まれ変わってくるだろう、という生命観に結びつき、生命を軽んじる根拠になっていたかもしれない』。聖と穢は表裏一体なのです。

>   List   

trackbacks

trackbackURL:

comment form
comment form
*