RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2020年08月06日

性を封鎖しているのは何故? どうしたら女として性で充たされるか

男の性、女の性の本質を考えるとき、その根本を生物にまで遡って考えると、生物界全般に備わっている庇護・依存の本能があります。例えば魚の雌は卵を産みます。両生類になると卵を孵化させる種が現れ、さらに進化すると子育てをする種が現れます。進化するにつれ雌の生殖負担は大きくなっていき、生殖期間中の雌は外敵から身を守ることも餌を確保することも困難になります。

 

そこで雄の役割となります。生殖期間中の雌と子供を守るため雄は外敵と闘い縄張りを守り、餌を確保する役割に進化していきます。つまり進化するにつれ雌の生殖負担は増大し、それにより雄の闘争負担も大きくなる。この雄雌役割分化により生じた雄雌の性の本質が庇護・依存の本能です。

 

そして真猿になるとさらにこの庇護依存の本能は強力になります。真猿は樹上に住んでいるため外敵が殆どいませんが、代わりに同じ猿同士が縄張りを争い合う同類闘争が主圧力となっています。僅差の闘いとなる同類闘争では、体格の劣る雌は戦力にならず、雄への依存本能をさらに強化していきます。その結果、雌は性的存在として、発情期間を延長させ、お尻を赤くして挑発機能を高める等して性機能を進化させていきます。

 

そして極限時代の人類では、女達にも極限的な飢えや怯えの外圧がかかることで、さらに強力に依存収束を強め、性機能を高めていきます。前回の記事でも述べたように、極限時代の人類は、体毛を無くし、肌を柔らかくし、皮膚感覚を発達させることで、さらに快感機能を高める方向に進化させていきました。性充足を高めるために、肉体を改造してまで挑発機能、快感機能を高めていった女の一念には、凄まじいものがあります。

 

このように女の性は、依存本能を根本に挑発機能、快感機能を進化させ、性充足を高めてきた存在だと言えますが、現代の女性にそのように言うと、性差別だ!と反発する女性もいます。また反発ではありませんが、ピンとこない・・といった悲しい反応もあります。

女にしか持っていない素晴らしい性の力というものがあるのに、自ら封鎖してしまっている。今回は、とりわけ若い女性に多く見られるこの性封鎖について記事にします。

にほんブログ村 歴史ブログへ

現代の性の封鎖とは、どのようにして起きているのか

前述した通り、女の性は性充足を高めるために、挑発機能、快感機能を進化させてきました。一方雄の性本能は、哺乳類に特徴的な性闘争本能(雌を奪い合うための雄同士の闘い)がありますが、この本能は生殖期にしか働きません。真猿以降の雌は生殖期以外も年中発情期ですが、これに対応する雄の性闘争本能は生殖期のみであり、完全に一致していません。つまり、生殖期以外の性情動の発動は、雌が握っているということです。これは人類も同様であり、人類の性欲のスイッチは女発であるという点が重要です。つまり、女が性欲を封鎖すれば、男の性欲も発動せず、セックスレスに至る。すなわち人類滅亡に繋がるということです。ここは、現在の男女の性を考えるうえで最も本質的な問題かと考えます。

 

とりわけ若い女性に見られる性の封鎖。仕事もできるし友達も多いけど、女の性の本質である性の挑発は蓋をし、性で充たされる快感も知らない。周りの男を見ても“充たしてほしい”という気持ちは湧いてこず、男としてより友達として見る。結構当てはまる女性も居るかと思います。

 

このような女性に共通するのは、小さい時から勉強熱心で優等生だった子。勉強以外も部活でもキャプテンを任され、全力で部活も勉強も取り組んできた子に見られます。闘争圧力中心の部活のなかで、皆を引っ張るキャプテン的役割は、まさに男の闘争過程そのものであり、女としての依存本能よりも、男が持っている庇護本能が鍛えられます。その結果、女としての依存本能が封鎖され、男のような闘争女になってしまう。これが性封鎖を引き起こしている一般的な構造です。さらに深刻になると、乳幼児期に母親から親和充足が得られず、充足を求めることに蓋をしてしまい、性の充足期待も含め何もかも期待封鎖・欠乏封鎖してしまう例もあります。ここまで来ると顔つきも無表情になります。男も女も表情に乏しい子が増えたのは別の問題として人類の危機を感じます。

 

いずれにせよ、女としての性の充足を解放し、本能に備わっている挑発機能、快感機能を開いていくことは、当事者としても人類のためにも、絶対に実現すべき課題かと考えます。

 

ではどのようにすれば解放されていくか。

最後に具体的な方法を書いておきます。

 

女にとって初めての男。それは父親です。

抱っこされたり頭を撫でられたり・・父親とのスキンシップによる充足は、男から充足を貰い、庇護される安心感を作っていきます。この充足関係が土台になって、他の色んな男たちとも関係を結んでいきます。まず、乳幼児期の頃を思い出して、完全に庇護されて安心しているイメージを再現することが第一段階目です。もし、そのような父親で無かった場合は、空想の父親でもドラマの父親でも良いです。安心感、充足感、嬉しい・・というイメージが大事です。

 

次は思春期の頃の性妄想。本当は思春期にもなれば「セックスってどうするの?」「どうしたら感じられるの?」と興味津々。男と見つめ合い、抱擁され、愛撫され、男との性充足で自分が快感している妄想を作り、「早く経験したい」「男が欲しい」という欲情を高める事。封鎖していた挑発機能や快感機能が妄想で刺激され、性欲が再生されていきます。

 

そして次は、目交わい(まぐわい)です。現代のセックスは、男の独占欲発の攻撃的なセックスしか頭になく、本来のセックスについて無知です。人類本来のセックスとは、女の依存本能が解放され性の充足期待が全開になり、欲情、快感、恍惚の表情になっていくことです。それはセックスで身体を交合わせるよりも、目を見合わせることが本質です。相手の表情、目を交合わせる=目交わうことで、「気持ちいい」「嬉しい」「幸せ」となり女の性は充たされます。性で充たされた女の忘我の表情は一番美しく、男はその表情が見たいがために頑張り「もっと充たしてあげる」と男の性欲も永久に湧いてくるのです。このような性の解放、実現が、人類滅亡を回避するセックスレスの突破方針です。

 

 

>   List   

trackbacks

trackbackURL:

comment form
comment form
*