RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2009年7月12日

2009年07月12日

「言語は人間が持って生まれた生物的な器官である」

 この7月はじめに、東大の研究グループが「文法能力が脳の一部の領域に集中している」ことを突き止めたという発表を行いました。

 文法機能が脳の一部に集中しているか否かは、脳科学で未知の問題とされてきた。今回の結果は、文法判断で脳が全体として機能するという『全体論』からは説明できず、大脳皮質の一部に局在するという『機能局在論』を実証するものとしている。

%E8%84%B3.JPG
 これは、チョムスキーの提唱する言語生得説「全ての人間の言語に普遍的な特性があり、その普遍的特性は人間が持って生まれた、すなわち生得的な、そして生物学的な特徴であり、言語は人間の生物学的な器官である。」  を医学的な見知からを裏付けることになるかもしれせん。
言語が生得的な器官ってどういうことって?興味を持たれた方は、応援のクリックをお願いします。

(さらに…)

>