RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2009年7月28日

2009年07月28日

豊かになってゆくのに、少子化が進むのは何で

「うちはお金がないから子供はこれ以上産めない」という言葉をよく耳にします。
しかしよく考えると、近代化が進み豊かになっているにもかかわらず、少子化が進んでいます。
これはなぜでしょうか?
%E5%AD%90%E8%82%B2%E3%81%A6.jpg
(写真は<リンク>よりお借りしました)
日本では戦前は「産めよ増やせよ」という言葉があったように、子供をたくさん生むのは集団期待でもあったわけです。
事実、私の祖父や祖母の時代は兄弟は5~10人くらいいるのが普通でしたし、両親の世代でも5~6人くらいが平均といっても過言ではないようです。
私の世代になるとせいぜい2~3人、今の20代、30代くらいになるとせいぜい1~2人くらいが普通ですね。子供なしも結構います。
で、上記の言葉通り、「経済的に楽ではないからこれ以上は子供は育てられない」となるわけですが、どう考えても祖父の時代の方が貧しい!
今回はその原因を考えて見ました。
続きに行く前に、いつものように応援お願いします。

(さらに…)

>