RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2009年7月17日

2009年07月17日

日本と大陸:ミトコンドリアDNAは似ているがY染色体は違う

ミトコンドリアDNA(母系で継承される)のハプログループ頻度が、日本と朝鮮半島、中国東北部でよく似ているのに対し、Y染色体(父系で継承される)のそれは大きく違っています。その原因は、の頻度にあることは明瞭です。日本の近隣集団では、をこれだけの高頻度で持っている集団はありません。(下にグラフがありますので見てください。)
篠田謙一著『日本人になった祖先たち』より。
(注)は、DNAでたどる日本人の成り立ち1にある縄文人のハプログループD2。日本人男性の30~40%がこのハプログループを持っている。
もう少し範囲を広げると、ユーラシアの東部、北東アジアの各集団には低頻度ながらD2を見出すことができます。また、チベットで人口の30%程度を占めていることも知られています。
これは何を意味するのでしょうか?
応援よろしく  by岡
  

(さらに…)

>