RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2011年3月23日

2011年03月23日

印欧語とその歴史 ~印欧語はセム語から作られている~

%E3%83%8F%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%83%93%E6%B3%95%E5%85%B8.jpg

印欧語の特徴として、セム語との類似性がある。
以下、リンクより。

セム語派(セムごは)は、アフロ・アジア語族の一語派で、印欧語族、ウラル・アルタイ語族と並ぶ世界の3大語族とされていた。
文法性の存在(名詞の性変化)、形容詞の変化、子音のみの単語に母音を差し込んで造語する等、印欧語族との親族関係が指摘されているが、立証はされていない。

印欧語族が、欧州~東アジアへ拡大していく以前、コーカサスを中心としてセム語族は、どのような力を持っていたのか?今日は、言語の中でも「文字」に着目して、その発展をもとに追求していきます。
いつものブログ応援、よろしくお願いします。

(さらに…)

>