RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2018年8月21日

2018年08月21日

チャム族の母系社会

中国のモソ族リンクにつづき、今回は、チャム族の母系社会について紹介します。リンク リンクより

**********************************************

ベトナムにおいて、母系制から父系制に移った少数民族はありますが、チャム族のバラモングループやバニグループなど、母系社会を維持している民族もあります。

エデ族も母系制で、家や財産を守るのは女性の役目です。一方、ザライ族は母系制ですが、女性は民族の神聖な場所とされるロンという集会所へ入ることは許可されません。チャム族の母系社会はそういう特徴があります。

ベトナム民族学博物館・文化研究収集室のレ・ズイ・ダイ室長は次のように語りました。

「チャム族の母系制度の特徴は第1、子供が母の名字を付けられること。第2に娘たちは母と一緒に住むこと。また、末の娘が財産を受け継ぎます。財産は娘たちに分けられますが、末娘は他より多く受けられます。息子は何ももらえません。」
また、チャム族の母系制度は婚姻風習によく示されています。娘が結婚年齢に達したら、両親は相応しいお婿を探し始めます。結婚の仲介は極秘で、仲人に頼みます。女性は結婚を要求する権利があり、花婿は花嫁のアレンジに従い、結婚後は夫が妻方の住居に入ります。さらに、チャム族の母系制度は日常生活にも表れています。

チャム族にはいくつかの伝統的な工芸品があって、それは、素焼すやきの壺つぼと 手織りの布です。素焼きの壺の生産において女性は重要な工程を担いますが、男性は簡単な工程しかに携われません。
チャム族の言い伝えによりますと、素焼き の壺づくり職業の創始者は女性にしか伝えなかったとしています。ところでチャム族は母系的社会でありながらも、母権制度ではありません。
さきほどのベトナ ム民族学博物館・文化研究収集室のレ・ズイ・ダイ室長は次のように語りました。
「チャム族は男を尊重する諺があります。女性は家の役目ですが、決定権は男性にあります。家族の家長は男性です。つまり、その一家の女主人の夫そのものが家長なのです。」

ニントゥアン省にあるポ・イヌ・ヌガ神殿の督者ハン・バン・ザウ氏は「家事は夫婦二人で具体的に分配される。二人は共同で責任を負う」と明らかにし、次のように語りました。
「男性は畑仕事に従事し、女性は家庭内の運営を担います。また、二人は家庭の問題を共同で決定します。夫婦が力を合わせれば、何でも出来ます。」
チャム族の女性は男性と同じように、力を必要とする仕事ができますが、主婦として活躍しています。しかし、礼拝に関しては責任が明確に分配され、女性は家庭内での礼拝、男性は神殿での礼拝を担います。さきほどのザウ氏は次のように話しました。
「男性は礼拝を司ります。神様に宛てたお祈りの文書を作るのは男性しかできません。男性は女性より重い責任を負います。女性は主婦、つまり、家事やお金の預けなどを担います。」

チャム族には「男性は戦闘、女性は出産という諺があります。これはシンプルな言葉ですが、チャム族コミュニティの労働の分担を示します。女性は家庭、男性は社会を管理するのです。

***************************************************************

>