RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2011年02月08日

世界の婚姻形態と、日本の状況(世界の最先端?)

◆欧米では、キリスト教による離婚禁止文化による法律婚「結婚」が、キリスト教への執着度の低下から、未婚のままの「同棲」や、離婚が簡単な新たな婚姻制度が出来ている。その実態を見てきました。
欧米の男女は男女関係を、一貫として、個人の自由にする方向で進んできた。
今や、離婚は当たり前で、子供もお母さんやお父さんが数人いると言う、社会を作った。
それでも「恋愛」男女関係は追い続けている。
日本の男女関係、はどうなっているのだろう。
ポチットをお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログへ


厚生労働省の研究班(主任研究者=竹田省・順天堂大教授)の「男女の生活と意識に関する調査」
夫婦間のセックスレス化が進んでおり、過去1カ月にセックスがなかったと回答した既婚者は40.8%で、04年の31.9%から毎回、増加している。
%E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%201%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
セックス(性交渉)への関心についての調査。
セックスに関心がない・嫌悪していると回答した人は、男性18%、女性48%。
08年の調査より男性は7ポイント、女性は11ポイント増えた。
%E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%202.jpg
年代別だと16~19歳で最も多く、男性36%、女性で59%(同47%)。
若年男性にセックスの拒否感の傾向が強まっている。
             
欧米では、個人発の男女関係の追求が今でも続いているのですが、日本はどうしたのでしょう。
欧米は未だに身分社会で、金儲けの競争(私権闘争)のエネルギーで動いています。男女関係も、個人発の、私権闘争エネルギーで、結婚を追い求めています。
世界最先端の日本の特色は、国民の全員が豊かである世界を実現しました。その結果、仕事の位置付けも、出世や金儲け競争では、エネルギーが出なくなってきて、今や、人も為になる事で、活力を求め始めているようです。
男女関係も同じ様に、私権活力の減退が、主な原因だと考えられます。
元来の「性」は男女の和合世界があったのでしょうが、中世以降になって、「性」(=女)は男の掠奪による獲得物となってし、一対婚が発生しました。近代になって、男は私権闘争の成果として、良い「女」を獲得します。そして女には、勝者の男(金持ち)と結婚する事を狙うと言う女同士の私権闘争が始まりました。
結果、男と女の駆け引きという「恋愛」が結婚の前提となってしまいました。
そして、「性」≒「私権」の一部と成ってしまったのです。
私権闘争(≒金儲け競争)のエネルギーが衰退すると、連動して「性」も一緒に減退してしまったのが、日本の男女関係です。
つまり、自分勝手な金儲け追求の人を嫌悪するのと同じ理由で、sexを嫌悪しているのです。
ですから、「性」を否定している男性も、グループでの男女友達は肯定視している例が多く見られます。
【私権の男女関係】≒【恋愛、一対婚】を否定し出した日本若者は、人類史上初めて、「私権」から開放された、本源の男女関係、本源の性を模索し始めたのかもしれません。

>   List   

trackbacks

trackbackURL:

comments

>当人同士以外だれの期待も受けない性が始めて登場した。そのときから、性は衰弱し続けている。
なるほどでした!!自分の充足のためでしかなかったからどんどん衰弱しちゃうんですね!!めっちゃ納得です!
しかも次回は婚活!気になるー♪楽しみにしてまーす☆☆

  • @coronedari
  • 2011年10月2日 03:51

shoes mtb 共同体社会と人類婚姻史 | 【男女関係の行き詰まりと可能性】~②近年の婚姻動向<離婚の増加>

moncler outlet grenoble 共同体社会と人類婚姻史 | 【男女関係の行き詰まりと可能性】~②近年の婚姻動向<離婚の増加>

website hermes vietnam 共同体社会と人類婚姻史 | 【男女関係の行き詰まりと可能性】~②近年の婚姻動向<離婚の増加>

共同体社会と人類婚姻史 | 【男女関係の行き詰まりと可能性】~②近年の婚姻動向<離婚の増加>

comment form
comment form
*