RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2021年01月01日

女性の快感能力が「あげまん」の秘訣

人間にとって代表的な快感ホルモンデである「ドーパミン」のことをご存じでしょうか?たとえば私たちが、何かいいことを成し遂げた達成感や自己肯定感、思いがけずいいことに出会った喜び名で満たされている時、このホルモンが脳から湧き出して、体が熱くなるような快感をもたらしてくれます。

このドーパミンは、男女に関係なく、日々の生活の中で出会う「新鮮な喜び」の場面で湧いてきては、その快感がが脳への「ごほうび」として私たちを支えているのですが、その分泌量は、女性の脳より男性の方が多いというデータがあります。
一般的に、男性は女性よりも「承認欲求(自分をやったことを認めてもらおうとする気持ち)が強い」といわれるのはこのせいでしょう。

多くの男性の脳にとっては、「目標をめざして、達成感を得る」という生き方は、自然にできる特異なことだといえそうです。

★では、女性の脳は何が得意なのでしょうか?

それは、男性脳とは対照的に「何かを成し遂げた」とか「何者かになった」といった形としての成功体験が特になくても、あるがままの自分でいながら、日常のささやかな出来事にも喜びを見つけて「何だか幸せ」と感じられる「快感能力」だと言えます。

昔から、女性は痛みに耐える力が男性より強いといわれてきました。これは、女性の脳は、代表的な脳内麻薬である「β-エンドロフィン」の分泌量が男性より多いということからきているものだと考えられます。

「脳内麻薬」というのは、私たちの体が苦痛を感じたときに、その感覚を麻痺させて、逆に何だか幸せでならない「多幸感」に置き換えてくれるという、脳がつくりだす自家製のドラッグのこと。有名なのは、苦しいランニングの途中で、急に体がラクになって快調に走れるようになる「ランナーズ・ハイ」は、このβ-エンドロフィンがもたらす作用です。また、苦痛があるときだけでなく、恋愛中やおいしい物を食べたときなど、心身の幸福感が高まっているときにも分泌される「幸せホルモン」という顔ももっています。
なにしろ女性の体は、出産時の陣痛の痛みを打ち消すために、β-エンドリフィンが大量に使われる仕組みになっているので、これをつくりだすことが得意なのかもしれません。

★では、パートナーとの関係で、こうした女性性の持ち味が活かされると、どうなるでしょうか?

たとえば、生活が苦しい家庭の場合、夫が心身ともにげっそりするほど疲れて帰宅した時に、妻は苦しみをそれほど感じず、逆に「今日はあれが安く買えた・お花がきれいだった・大好きな夫が今日も帰ってきて嬉しい」などと、自分が気持ちいいこをあれこれ見つけて「なんか幸せ」な表情をすることができます。

そうすると、彼にとっては「彼女は、自分がいることを幸せに思っている」という意味で、自己肯定感が高まっていき、人間的な自信がつき、仕事や人付き合いなど、いろいろなことが上手く回るようになっていきます。これが、相手の運気を上げる「あげまん」になるということなのです。そんなあなたを。彼は「かけがいのない女性」として、大切にせずにはいららなくなることでしょう。

【参考】夏目祭子・著『あなたが目覚める愛と性のギフト』

>   List   

trackbacks

trackbackURL:

comment form
comment form
*