RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2009年9月29日

2009年09月29日

人類の起源-1~初期人類の逆境と圧力源=活力源

60年にもわたる自民党政権から民主党政権に変わり、新しい時代の幕開けの予感を感じる今日ころごろです。’05年のマスコミを使ったやりたい放題の郵政選挙を経て、‘09年『大衆の共認闘争の勝利』の時代へと転換した今、時代は私権原理から共認原理(充足思考→実現志向)に転換しつつあることを実感します。
ただし「これまでのやり方ではダメ」だけでは新しい時代の可能性は見えてきません。本当はどうすればいいのか?何が必要なのか?今後の社会の可能性を示す必要性が高まってきています。

 いったい、人類はどこで道を誤ったのか? それを突きとめる為には、人類の始源(必要ならサル時代や哺乳類)にまで遡って、個体や集団や社会の存在(or 成立)構造を解明する必要がある。人類の原基構造を解明できれば、その構造のどこが不変部分でどこが可変部分かを知ることが出来る。そして現代社会の諸問題(諸欠陥)と突き合わせれば、どこが変えてはならない部分でどこが変えるべき部分かを突きとめる事が出来る。
『実現論』より)

今後ますますこの認識が重要となります。そこで、人類がどのように誕生し、どのような外圧に、どのように適応し、どんな集団・社会を築いてきたか?人類の起源にまで遡り、今後の可能性を探索してみたいと思います。
  ポチッと、応援お願いします

(さらに…)

>