RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2012年1月8日

2012年01月08日

【人類婚姻史を構造化する】6~性の需給アンバランスが集団婚を解体へ導く~

%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0s%E6%A4%8D%E7%94%B0%E6%A7%98s%E5%BE%8C%E5%A7%BF.jpg
画像はこちらからお借りしました。
婚姻史ブログの私たちグループでは,婚姻形態の追求を行っています
その中で人類の婚姻様式を規定するのは「みんなの最大期待⇒集団や社会の統合軸」であるを軸に人類婚姻史の構造化を展開中です :D
今回は前回の【人類婚姻史を構造化する】5~交叉婚:単位集団から集団外への充足対象の拡大に引き続き、採集部族集団の婚姻様式が外圧の変化、集団の期待と共にどう変わっていくのか?そして現在の私権時代の固定一対婚とどのように繋がるのか?あるいは繋がらないのか?を追求し、採集部族集団の婚姻様式を締めくくりたいと想います。
続きを行く前にいつものやつをポチッと応援お願いします

(さらに…)

>