RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2014年4月1日

2014年04月01日

家族って何?シリーズ番外編 ~「恋愛」「純愛」が流行した大正時代ってどんな時代?~

赤玉ポートワイン

画像はコチラからお借りしました。
寿屋(現サントリー)・赤玉ポートワインの広告。日本初のヌード広告。1922年(大正11年)

今から100年前の大正時代に「恋愛」「純愛」というものが流行しました。「恋愛」「純愛」は、それまでの「色」・「恋」とは異なり、ロマンチック(現実離れした、甘美で情緒的、かつ幻想的)なもので、「大正ロマン」と呼ばれています。当時、実際にロマンに浸ったのは一部の富裕層ですが、庶民にも憧れが生まれ、ロマンに染まっていきます。

また、大正時代には「デパート」に代表される華やかな大衆消費産業が興ります。商品は女性を着飾るものが中心で、街には華やかに着飾った女性が現れ、好況期であった事もあり、消費は一気に拡大していきました。

明治から昭和初期にかけては、学校が大衆への洗脳機関として、忠・孝規範と「天皇国家」と「家制度」を正当化する洗脳を行っていましたが、当時の時代を造っていた「恋愛」「純愛」は学校では教えていません。

では、「恋愛」や「純愛」は誰が教えたのでしょうか?

続きを行く前に、いつもの応援よろしくお願いします

(さらに…)

>