RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2014年4月4日

2014年04月04日

再読 日本婚姻史 奈良時代の婚姻 ~国家制度としての婚姻・・・藤原不比等の策略~

toudaizi
皆さん、こんにちは。今日の記事は『再読 日本婚姻史』シリーズです。

本シリーズではこれまで、以下のような「再読」を行ってきました。

1)再読 日本婚姻史 「先土器時代(旧石器時代)」

2)再読 日本婚姻史 縄文時代 集団の有りようの検討と婚姻様式

3)再読 日本婚姻史・・・縄文時代の婚姻様式:集団密度との関係について

4)再読 日本婚姻史 「縄文から弥生への婚姻様式の変化」

5)■再読 日本婚姻史 「弥生時代の父系文化への移行~父親観念の発生~」

6)日本婚姻史再読シリーズ 妻問婚から婿取婚への移行期(古墳時代~飛鳥時代) 氏族の誕生と継承

 1万5千年前の旧石器時代から、各時代の婚姻について述べてきたシリーズ。7回目の記事になります。

今日の話題は、前回の「古墳時代~飛鳥時代」の次の時代、「奈良時代」の婚姻についてです。ここでも、男女の婚姻に特徴的な変化が現れます。
時はすでに日本という国家を形成しつつあった時代。単位集団としての婚姻様式だけで語れる時代ではありません。そのため、まずは、社会的背景と対比的に時代を眺めてみるところからはじめます。飛鳥時代~奈良時代の概要です。

(さらに…)

>