RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2015年1月3日

2015年01月03日

女主導の原理と現代への適用(番外編)~主体的に動けば期待は無数にかつ常に存在する~

この間、ブログでお伝えしている女主導の原理の事例について様々紹介してきました。

特に女中の事例を紹介した投稿では、
>線引きなしに、どこまででも力になってあげる。そしてそのことに、本分や喜びを感じる。
>その慈愛に満ちた応望性や充足性こそが女の特性であり、だからこそ女主導で集団やみんなを育んでこれたんですね!

とまとめましたが、そうやってどこまでも相手に答えていく姿勢が周りを巻き込んでいくというのは、
ひとつの女主導の原理かと思います。 その姿勢を少し違った視点から見た記事がるいネットにありましたので、紹介します♪(リンク

女性は「勤勉」です。 事例としては、自然豊かな(=自然外圧が低い)東南アジアでは多分にもれず女性がよく働きます。
一方、男性はのんびり・ブラブラしている。 gorogoro_man
これがあらわしているのは、 闘争存在である男性は、闘争課題があるとがんばるものの、
闘争圧力がなくなると途端に「怠ける」ということ。
外圧依存型の闘争性や勤勉性はもっているものの、
何もない時には怠けがちなのがオスという生物なのでしょう。

一方、女性は外圧が高い場合は当然のこと、外圧が低い状態でも勤勉さを失わない
東南アジアの事例は、男性の怠け者ぶりが顕著であるため、
女性の働き者ぶりが相対的に際立っているだけとみなせます。
メスは基本的に勤勉な生物なのでしょう

では、なぜ女性が勤勉なのか?cooking_mama
それは、充足・安定存在ゆえであると考えます。

子育て、炊事、掃除、縫い物・・・ 身近な周りの充足のために日夜勤勉に働くのが女性=お母さんの姿だったりします。
どんな家でも女性=お母さんの勤勉さがなければ、日常的な充足・安定は維持できません。
これを逆に見れば、女性は身近な皆の充足・安定のために働いてくれているということです。
自分の勤勉さが、皆の充足・安定につながるとわかるうえ、 主体的に動いていけば、
皆の充足・安定を高める課題(期待)は無数にかつ常に存在します

したがって、永続的に勤勉さが持続するということでしょう。

このように考えると、「勤勉」は女原理なのだと思います。
特に、我々日本人が考える勤勉さは、この女原理発の勤勉さに根ざしているでしょう。

kosodate_kaiwa_boy 女原理で動いてきた我々日本人にとって、 女性の勤勉さは肯定・感謝の対象であり同化対象です。
そこを基点に、男性にとっての労働=闘争も認識して価値を見出していったのが日本人なのだと思います。
(労働=闘争を男原理と直結させて理解する欧米人にとって、ここは理解しにくいでしょう)
今後、充足発の実現方針を出していくのは、男原理の闘争過程ですが、
たゆまぬ努力の源泉である勤勉さは、女原理の勤勉さであると思います。
この勤勉さが、充足発の闘争を実現する日本人的基点になると思えてきました。

「主体的に動いていけば、皆の充足・安定を高める課題(期待)は無数にかつ常に存在する」 というのが、
これまで紹介してきた女たちの心のありようの共通点!
どこまでも応える幅は広がり、応えていけばいくほど周りも自分も充足できる。
今年も、周りを巻き込んで動かしていく女主導の流れは止まりそうにないですねm020.gif

>