RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2015年1月9日

2015年01月09日

【女主導の原理と現代への適応】女性原理こそが21世紀の文明を作る

市場経済が行き詰まり、社会の至るところで閉塞感が漂う中、これまでの価値観を捨て、新たな価値軸へと転換した層の中に女性が多いという現象をみてきました。そして、新たな価値軸とは、より根源的な何かを探索しているようにも見受けられます。

今回は、「女性原理こそが21世紀の文明を作る」という視点で、有史以来の文明史を問い直している水上洋子さんの著書『女神の時代』を紹介します。
女神の時代
※水上洋子さんプロフィール
1955年生まれ。同志社大学卒。1980年代、作家として「女性の自立と仕事、恋愛」をテーマに「恋愛以上」「ユニコーン」などの著作50冊以上を執筆。「すべての女は女神である」とし、エジプトの多神教・母系世界を理想視しており、女神文明研究会主宰。ライフワークとして女性文明を訪ねる旅を続けている。環境と女性をテーマにした雑誌「アイシスラテール」を発行。現在、(株)アイシス取締役。

るいネット『なぜ今、女神なのか』より

ほんの数十年前まで、私たちは、きわめて楽観的な世界を信じてきた。それは人類は常に進歩してきたし、これからも進歩し続けるであろうという楽観論である。だが今、私たちは、そうした楽観的な進歩とはほど遠く、不安につきまとわれ始めている。さらなる進歩を信じたくても、未来は不安な霧に隠れて見えない。

汚染されてゆく世界中の水と食物、オゾン層の破壊、絶え間ない戦争、経済利益に奉仕する道具に成り下がってしまった科学、経済闘争に命を擦り減らす都会の生活、原子力発電所の事故、夥しい生物の種の消滅、さらに最近、人口問題や迫りつつある食料危機が不安な現実に加わった。こうした状況がいよいよ深刻さを増してくるにつれて、誰もがある疑問を抱いている。人類は、進歩に向かっているというより退化に向かっているのではないか。
(さらに…)

>