RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2015年2月13日

2015年02月13日

【女主導の原理と現代への適応】母系社会の適応原理

女主導の原理を探る上で、改めて押さえておきたいたい点が、母系社会の在り方。
今回は、現代にも残っている母系民族から「女主導の原理」の具体的な中身をみていきたいと思います。

『生命の根源は女。母系社会をめざせ』(リンク)より
中国の少数民族、モソ族は1500年以上前から四川省南部の辺境で暮らしてきた人口約5万の民族で、現存する世界最後の母系社会といわれています。
この母系大家族制度は、祖母が家庭の中心で、一族の資産を管理します(家長と財産は、代々女性に引き継がれていきます)。家族全員が祖母の血を引き、結婚という制度をとらず、男は、妻を娶らず、女は嫁がず(お嫁にいかず)、生まれた家で、母親、兄弟、姉妹と、生涯を一緒に暮らす女の国です。
モソの風景
■四川省南部の風景

(さらに…)

>