RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2020年5月12日

2020年05月12日

言語の進化過程(4) ~人類は1.5万年前に洞窟を出てから、一気に言葉の数を増やした~

動物の鳴き声は、みんな(or相手)に、何かを伝えるためにあります。伝えたい内容は、主に危険や餌の発見、あるいは威嚇や発情。
人類の言葉も、みんなに何かを伝えるためにあるように見えます。しかし、人類の言葉の生命部分は、伝える手前の追求の過程にこそ宿っています。即ち人類の言葉は、「みんなで考える(答えを出す)」と同時に、「みんなに伝える」という二重性を持っています。大事なのは、言葉を発する前にある伝えたい答え=何らかの意識or認識なのです。
以下、『るいネット」の記事から言語の進化過程を紹介します。(リンク)(リンク

●予測の重要性から、未来への意思や推測であることを区別する意志動詞や予測動詞が生み出され、続いて過去と現在の区別(時制)を明示する動詞の語尾変化が生まれた。

先を読む必要は、洞窟時代から極めて高かったが、それは動容詞や時詞や所詞によって示されていた。しかし、それらだけでは、現在の事象を伝えているのか、未来に向けての意思・願望を伝えているのか、あるいは先の予測を伝えているのかが、不分明である。
しかし、洞窟の外に出る時間が増えてゆくにつれて、未来に向けての意思や願望を伝える必要や先を読む必要も高くなってゆく。かくして、(未来に向けての)意思や推測を示す接頭詞に加えて、意思や推定であることを明示する「~したい」「~だろう」等の意思動詞や推測動詞が生み出された。

また、先を読むためには、過去を知る必要も高くなる。そして、それを正確に伝えるためには、現在と過去を区別する必要も高くなる。そこで、動容詞の語尾を変化させて現在と過去を区別するようになり、それに伴って動詞の時制による語尾変化の活用規則が不文律として定められていった。

(さらに…)

>