RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2020年11月12日

日本人の性意識はどうなっているのか? -6

前回は、若者を中心に、性に対する意識が転換する可能性があるのかを探った。制度的な面ではベーシックインカム(基礎保障制度)もひとつの手段として紹介したが、本質的には性意識どう変えるか、変わっていけそうかの意識構造の転換につきる。

以下の論点が、性意識にも及ぶのか興味深い。

共認機能と観念機能の断層 より引用

【日本人はこれまで共認機能だけで生きてきた】
☆「コロナ」や「勉強第一」等、完全に観念支配されているが、共認と観念の関係は?
◎共認原理で生きてきた日本人は力の原理=強制圧力にめっぽう弱い上に、順応意識が強いので、学校やマスコミが与える観念に簡単に染められてゆく。この観念支配から脱却するには、自らの手で正しい観念=事実認識の体系を構築し、観念内容そのものを塗り替えるしかない。
・勉強第一は、子どもたちの勉強に対する拒絶反応によって⇒「学校の勉強は役に立たない」という事実認識によって、解体されてゆく。その根底にあるのは、私権の崩壊⇒本源収束だが、具体的には、観念が塗り替わることによって、突破されてゆく。
・コロナの嘘も、事実認識に塗り替えられることによって、脱却できる。この認識の塗り替えなしには、同調圧力の中身は変わらない。
◎つまり、共認機能→同調圧力だけでは、脱却できない。観念の中身が事実認識に塗り替えられることによってはじめて、共認機能→同調圧力があるべき方向に作動するようになる。
◎結局、最も重要なのは、どうしたら勝てるか?どうしたら実現できるか?⇒そのための徹底した現実直視と事実の追求→その結果としての事実認識の獲得に尽きる。(既存の事実認識たる『実現論』は、生物史的事実や人類史的事実を構造化したものに過ぎないので、誰でも実感に落とし込めるはずで、実感に落とし込めれば肉体化できる。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

根幹的な性意識に蓋をしているのが、男女同権思想とそれから派生した諸制度にあることは以前述べた。この強固な固定観念を取り払うには、まずその事実構造を知るところから、固定観念を外すところが不可欠である。そして、童心に帰ってひたすら実感に委ねることが効果的であるといわれている。また、性という生命の根幹的な営みは感覚機能をはじめ本能に委ねるところまで至らなければならない。潜在的には誰もが感じているところであるが、それを顕在化させていくことに過ぎないともいえる。

にほんブログ村 歴史ブログへ

本来の性のすばらしさとはどういう世界なのか、その一端を下記の記事から紹介する。肝心なのは、余計な観念や自我をとりはらうこととある。そして、進化の事実構造として男と女は、もともと一つのものが分かれただけという認識である。

チャネリングセックスとは、どのようなものか?

 代々木忠著『プラトニック・アニマル』からの引用です。

>少々乱暴な言い方だが、相手を気持ちよくさせることなど、人間はだれもできないのではないかと、実は私は思っている。男でも女でも、人間ができるのは、本当は自分が気持ちよくなることだけなのだ。自分が気持ちよくなったときに初めて、その波動によって相手が気持ちよくなれるのである。したがって、男のオーガズムと女のオーガズムは、ちょうど合わせ鏡のようなものである。そして、実はこの波動が伝わり合うこと、それがチャネリングなのである。オーガズムに至るSEXでは、その過程で必ずチャネリングが起こっている。

>男と女は、もともと一つのものが分かれたのではないか、と私は思う。だからSEXとは見方を変えれば、分かれた二つのものが一つに戻ろうとする行為とも言える。分かれた際、男は男的なる部分を、女は女的なる部分をたくさん持つことになった。それぞれ自分に足りない部分、つまり男は女的なる部分を、女は男的なる部分を求めてしまう。しかし、お互いが求め合ってもそれが得られないのは、すでに述べたとおりである。自分に足りない部分を相手から補って等分にしようとするのではなく、自分に多い部分を相手に与えて等分にしようとしたとき、二つに分かれてしまったものは元の一つに戻ることができる。そこには自分という名のエゴのバリアもない。

>二人が100パーセントSEXを楽しんだとき、男は男の快感の波が、女は女の快感の波がお互いに伝わり合い、響き合う。そうなったときに初めて人間はイキ、そして失神までしてしまうのだ。だから、チャネリングSEXでは肉体すらも究極的には必要としない。

>私がこのチャネリングSEXに気づいたのは、「目かくしFUCK」シリーズの一本を撮っているときだった。SEXをしているカップルのそばにいた別の目かくしした一人の女の子が、なにもされていないのに自然と濡れてきた。聞けば「感じる」と言う。そしてとうとう彼女はオーガズムに達してしまった。このように、イメージを送る肉体とイメージを受け取る肉体さえあれば、直接的な肌の触れ合いは必ずしも必要としないのである。チャネリングSEXの原点はイメージの世界である。

>さて、このチャネリングがだれにでも体験できるのかという問題だが、チャネリングは決してある特別な能力を持った人だけのものではない。だれでも体験しようと思えばできるのである。ただ、制度の世界のしがらみが捨てられないことには少々むずかしい。頭の中をカラッポにして、なにもかも捨てて自然体になることが必要だ。

チャネリングセックスとは、具体的には、男(女)が性的期待やイメージを発すると、女(男)がその通りに反応して感じるorある女(男)が感じている快感を別の女(男)も同じように感じる、ということです。つまり、肉体の交わりではなく、心(共認回路)の交歓。これは現代人のDNAにも刻印されており、余計な観念や自我を取り払えば、現代人にも可能であるということです。

 

>   List   

trackbacks

trackbackURL:

comment form
comment form
*