RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2008年7月10日

2008年07月10日

アフリカという【逆境】の地が人類進化の源泉

これまでの投稿では、人類登場~進化系統~地球上各地への拡散までの大きな流れを追ってきました。 大きなポイントは以下の4点です。
①700万年前~猿人;アウストラロピテクス~アフリカを出た形跡なし~150万年前頃に絶滅
②200万年前~原人;ホモ・ハビリスなど         ~アフリカでは数十万年前に絶滅
                       ~アジア・スンダランドまで拡散~数万年前に絶滅
③ 70万年前~旧人;ホモ・ネアンデルターレンシスなど   ~アフリカでは十数万年前に絶滅
                        ~アジア+ヨーロッパに拡散~数万年前に絶滅
④ 20万年前~新人;ホモ・サピエンス~1万年前に世界中に拡散~現在世界中に生存
詳しくは『「人類=カタワのサル」再考』 『ミッシングリンクの意味=奇跡的に生き延びた人類』 『人類拡散の謎~なぜ原人・旧人は死に絶えたか?』を参照してください。
今回は「各地に散らばった原人や旧人は死に絶え、アフリカだけで新人に進化できたのはなんで?」に迫ります。
↓現代型サピエンス化石の主な発掘・発見地と拡散の軌跡
%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E7%A7%BB%E5%8B%95.bmp
 (九州大学インターネット博物館より借用しました)

(さらに…)

>