RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2010年11月30日

2010年11月30日

現在、世界の婚姻形態は、どう成っているのでしょう?Vol.2 ~フランス編~

「現在、世界の婚姻形態は、どう成っているのでしょう?」
http://bbs.jinruisi.net/blog/2010/11/000905.html
という事で、シリーズでお伝えしていこうと思います。
:roll: さて、シリーズ第2弾となるのは「フランス」です。
一時、新しい男女の形として「事実婚」の事を『フランス婚』とも呼ばれ、話題になったこともありました。
:roll: 現在の婚姻はどの様な状況になっているのでしょうか?
%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%A9%9A.png
フランス婚
まずは概要です。

数年前は3人に1人が婚外子でしたが、今やパリでは2人に1人が婚外子だそう・・・。
離婚数は1970~75年の間に2倍、70~80年の間には3倍にも増えました。離婚は70~80年代に急増し、ここ数年は10万件をわずかに超えて安定しています。とはいえ、一日に300組近くが、夫婦の3組に1組以上が離婚しています。
現代では、結婚の40%が離婚という形で終わり、パリに限れば、2組に1組という状況。
正式の離婚としては統計に表れない、法的手続きを取っていない「事実婚」カップルの別れの数も勘定すれば、フランスでの男女の「離婚」は日常茶飯事という状況です。
■2007年比較(厚生労働省統計調査より一部引用)(人口千対)
      出生率  婚姻率  離婚率 
日本   8.6   5.7   2.02
フランス   12.7    4.3   2.22
では、この様な状況になっているのはなぜか?また制度的はどうなっているのか?を詳しく調べてみようと思います。
↓↓いつも応援ありがとうございます!

るいネット
メルマガ

(さらに…)

>