RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2010年11月4日

2010年11月04日

共同体の原基構造-7~自己中は「人類の本性」を破壊する

みなさん、こんにちは。シリーズ『共同体の原基構造』の第7回です。
本シリーズでは、逆境下で共認機能に全面収束した人類は、共認充足を最大の活力源とし、自我を全面封鎖した共同体の中で人類の本性=共同性を育んできた、ことを見てきました。
そして、前回は、自我を全面封鎖した共同体の事例として、「自分らしさ」を理解できない人々を扱いました。その人々は理解できないというようりも、そもそも「自分らしさ」という観念自体が存在していませんでした。
一方、現代は個性を重視し、自分らしさにこだわる一部の人々が、「人それぞれ」「人に迷惑をかけなければ何をやってもいい」と主張する時代。これは、500万年に亙って共同体で封印されてきた「自我」の発現に他なりません。
%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%81%AE%E6%95%B5%E3%81%AE%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%82%92%E8%A8%B1%E3%81%99%E3%81%AA.jpg<自由の敵の自由を許すな?>
では、このような自分勝手な振る舞いや仲間を否定する行為(自己中=自我)が引き起こす問題とはなんでしょうか?
改めて、500万年に亙る共同体の原基構造を振り返り、この問題に迫ります。
シリーズ『共同体の原基構造』INDX
 1~極限時代に見る「人類の本性」
 2~極限時代の外圧状況
 3~人類の本性は共同性にある
 4~規範原理
 5~極限時代の死生観
 6~「自分らしさ」という倒錯観念
    応援よろしくお願いします

(さらに…)

>