RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2020年10月9日

2020年10月09日

学校が無くならないのは何故か

 

 

前回は、「学校は百害あって一利なし」を記事にしました。

そう言い切る理由は、

1 小学校で習う漢字や加減乗除を除けば、学校で教える中身が全く役に立たない

2 子どもの成長に最も重要な遊びが、勉強ばかりの学校によって失われている

3 学校制度が始まってから、言語能力、追求力、活力はどん底にまで落ちた歴史総括

があることを前回記事にしました。

http://bbs.jinruisi.net/blog/2020/09/5071.html

 

その学校が無くならないのは何故か、が今回のテーマです。

 

現在の学校制度は明治政府により作られましたが、その理由は徴兵制の一貫として作られ軍隊をモデルにしています。つまり、学校は「校則は絶対」「教師の命令は絶対」という強制圧力によって成り立っており、その強制圧力のもと従順な国民を育てることを目的としています。

 

「そもそも学校に行く必要はあるのか?」「何で学校は無くならないのか?」

 

誰もそんな疑問を持たない今の現実こそ、考えない国民を育てるということを証明しているでしょう。学校を無くせない理由に、そんなお上の理屈があるというのは一つあります。しかし、お上の理屈だけで学校は残り続けているのでしょうか。大衆の側にも学校を必要とする理由はないのでしょうか。

(さらに…)

>