RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2020年10月16日

2020年10月16日

日本人の性意識はどうなっているのか? -2

前回は、日本人の性意識がどうなっているのか、その調査事例を紹介した。すべての活力に比例するかのように性意識の衰弱が見て取れた。しかし、かつてのイメージの延長では性行為に至らないだけであり、本来的な親和充足と和合意識の芽生えも、小学生の調査事例からうかがえた。もはやロマンチック(恋愛)というのは憧れでもなんでもないことがばれてしまったようだ。

今回は、かつての性意識がどん底に落ちた分析を湯山玲子氏、二村ヒトシ氏が対談されているので紹介したい。

(さらに…)

>    

2020年10月16日

子孫を残す為だけではない。人類にとっての性とは何か

「セックスレス」

現在はもうこの言葉が当たり前に思うほど、性が衰弱しています。

セックスは面倒だ。厄介だ。先日の実現塾では、小中学生にいたっては、キモイ、汚いものという言葉まで・・・。セックスに限らず、男に対して女に対して抱く意識も同じです。

 

現在の小学校では、性教育を殆どやっていないようですね。4年に1回というところもあるようで、教える時間の少なさもありますが、内容も酷いものです。性病や性犯罪、避妊など、マイナス面の性教育に偏っており、セックスとは危ないモノ、汚いモノという意識が子ども達に浸透しています。性とは人類にとって充足源であり活力源で、素晴らしいものですが、そういったプラスの話は一切教えられないようです。

 

日本人の性意識はどうなっているのか? -1

日本のセックスレス急増は、次代の男女関係に向けた前兆ではないか!?

でも述べましたが、現在では日本人のセックスレスは30代で5割以上、40代で6割以上、50代で7割以上、60代で9割以上とさらに増加。「セックスはいらないけど、子どもは欲しい」と人工授精に頼る女性まで出てきているようで、生命原理からどんどん逸脱してきています。このままでは間違いなく人類は絶滅してしまいます。何故、ここまでに性のエネルギーが衰弱してきたのか。それを明らかにする前に、今回はそもそも人類にとって性は何故重要なのかを記事にしたいと思います。

(さらに…)

>