RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2020年12月10日

2020年12月10日

日本人の性意識はどうなっているのか? -10

前回は性関係を規定している集団の在り方として伝統的な母系集団のほうが女性にとって理に適っていることを探った。それが私権をめぐる闘争の時代以降、父系集団に転換してしまい、それに比例するように女性の充足性も低下していった。つまり現代は本来の女性という太陽を失ってしまったといえる。

現代は集団意識さえ失い、男女関係は希薄であくまで自分にとって都合の良い関係でしかない。それを象徴するかのように、男女の恋活としてマッチングアプリを活用している人が増えているという。とある企業の調査によると相手に求める6割が「容姿」と「人柄」とのこと。男は「容姿」を求め、女は「人柄」であるという。ともにそれが前提としてないと続かないという倒錯した状況となっている。(マッチングアプリで異性に求める条件は?利用者の約6割が「容姿」と「人柄」を重視 )

これまで、このシリーズで伝えたかったのは、人は男女関係も仲間関係も仕事関係もすべて、本来の集団の中で深化していくものであり、活力となるもの。近代の個人主義に発する男女同権に染められていてはそこに到達できない。市場原理が終焉を迎えつつある今、時代は本来の人類の在り方に向かって大きく、深く動いていることを感じて頂きたいと切に願う。

(さらに…)

>