RANKING
にほんブログ村 歴史ブログへ
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    No Responses.

2007年12月20日

ビシュリ山系北麓ケルン墓サーベイ

西アジアにおける初期遊牧文化を解明する研究成果が報告されはじめている。まず、墓制に着目した藤井純夫金沢大学文学部教授の研究趣旨から。セム系遊牧部族の墓制に関する比較研究より 
(以下、抜粋)―――――――――――――――――――――――――――――
セム系部族社会の形成過程を解く鍵は、新石器時代の後半から青銅器時代にかけて成立した初期遊牧文化にある。このことは、よく知られている。しかし、この分野の研究はきわめて低調で、遺跡調査すら満足に行われていない。理由は二つ。
第一に、集落を形成する農耕民とは異なり、遊動生活を送る初期遊牧民の遺跡を確認することは、容易でないからである。
第二に、遺跡がうまく確認できたとしても、沙漠の中での調査には様々な困難が伴うからである。
そのため、セム系部族社会の原点とも言うべき先史遊牧文化(特に前・中青銅器時代の遊牧文化)の具体的な内容は今もって明らかになっておらず、定住都市・農村社会の側からの間接的な言及だけがほとんど唯一の手掛かりとなっているのである。この状況を打破しない限り、セム系部族社会の形成過程を解明することは困難であろう。

にほんブログ村 歴史ブログへ


そこで本研究班が着目するのが、彼らの墓制である。集落を形成しない遊牧民も、墓だけは造る。しかも、かなりしっかりした石積みの墓を造る。この墓から、マルトゥ(Martu)やアムッル(Amurru)たちの足跡を辿ることはできないだろうか。幸いなことに、ステップ・沙漠地帯に点在する初期遊牧民のケルン墓は部族単位で造営されているので、遊牧部族社会の形成過程を追跡するには格好の手掛かりとなる。
(抜粋、終わり)―――――――――――――――――――――――――――――
2007年5月18日から6月1日までの約2週間(実質1週間強)、ビシュリ山系北麓における青銅器時代ケルン墓の分布調査を実施され、以下のような見通しが得られたとされている。2007年度ビシュリ山系北麓ケルン墓サーベイより。
(以下、抜粋)―――――――――――――――――――――――――――――
1-12.jpg
図12 南北二つの墓制と青銅器時代遊牧民の動向(模式図) 注)点線で囲まれた所
調査区内における前期青銅器時代の墓制は、南北二つのタイプに分類される。
一つは、ビシュリ台地北縁における竪坑墓群である。
これは、おそらくユーフラテス流域に点在する定住農耕集落(ないしは都市)の墓域と考えられる。耕作地の外側、日帰り放牧圏の縁辺に墓域を置くことによって、その内側が自らの領域であることを表示しているように思われる。
(ヨルダンの調査でも判明していることであるが、前期青銅器時代の墓域は通常、生活圏の最遠端に形成され、そこから徐々に内側に延びるという傾向がある。)
もう一つは、ビシュリ山系北麓のケルン墓群である。
これは、明らかに先史遊牧民の墓域と定義できる。部族の聖地と定めるビシュリ北麓に墓域を置いて、自らのアイデンティティとしたのであろう。
重要なのは、墓域が南北に分離しているからと言って、ユーフラテス流域の定住社会とビシュリ山系北麓の遊牧社会が互いに没交渉であったとは限らない、という点である。それどころか、現在の社会がそうであるように、両者の間には人的な出入りを含めて密接な関係があったと思われる。そのことを、両地域の平行発掘によって実証したい。
その実証は、定住社会と「マルトゥ・アムッル」との具体的な相関を明らかにするという意味で、メソポタミア世界で起こったことの北方版シミュレイションとなり得るであろう。それだけではない。シュメールやアッカドの粘土板文書の言う「ビシュリ」が、必ずしも当該遊牧集団の生活圏そのものではなく、むしろ彼らの聖地・墓域・アイデンティティを指すに過ぎないということも、提示し得るかも知れない。
(抜粋、終わり)―――――――――――――――――――――――――――――
“セム系部族社会の原点とも言うべき先史遊牧文化”って、戦争の起源の解明にもつながるのでしょうか?意欲的な研究で期待されます。今後の成果をウォッチングしていきましょう。
 読んでもらってありがとう(^_^)。応援よろしく by岡
   

>   List   

trackbacks

trackbackURL:

comments

cheap mbt sport shoes 共同体社会と人類婚姻史 | ニホンザルの社会構造 オスの順位制とメスの血縁制

moncler outlet store 82 共同体社会と人類婚姻史 | ニホンザルの社会構造 オスの順位制とメスの血縁制

共同体社会と人類婚姻史 | ニホンザルの社会構造 オスの順位制とメスの血縁制

comment form
comment form
*